2018年11月23日

Auro OtoSys IM600でAudi R8トランスポンダを追加する方法

Auro Otosys IM600IM100もできる)を使ってAudi R8のプリコードとリモート付きのトランスポンダを追加する方法。



キータイプ:Audi A3のような8P

 

手順:

ステップ1IMMOデータを読み込む

immoデータを読み込んで、保存します。



ステップ2:ディーラーキーを作成する



ステップ3キーを学習する

ステップ4キーを追加する

VDO CDC32XX + 24C32 A3 / TT / R8から入力します。



イグニッションを5秒間オフにしてから、再びオンにします。2秒以内にOKを押します。



ディーラーキー/チップをIM600 UP400またはIM100 UP200キープログラマーに配置します。



キーとの通信

後続の通信プロセス中、機器はスプラッシュ画面または黒画面を表示します。

この現象は正常です。





後で自動的に機器をリセットします。



キー追加 成功



新しいキーをテストします。

 

http://www.jobdii.jp/  


Posted by carobd2 at 11:32Comments(0)obd2

2018年11月20日

VW Caravelle 2010 リモートキー 作成

VVDIキーツールOBDSTAR X300 DP Plusを使用して、VW Caravelle 2010でリモートを生成する方法およびリモートをプログラマーする方法。

 

使用デバイス:

元のリモートキー

リモートを生成する用のXhorse vvdiキーツール

リモートをプログラムする用のOBDSTAR X300 DP plus

新しいリモートキー2ボタン



オリジナルリモートには5つのボタンが付いています

新しいリモコンはここでは2つのボタンだけ生成されます

 

手順1VVDIキーツールでリモートを生成する



最初の元のリモート周波数をテストする:433MHz

VVDIキーツールで、リモート/スマートプログラム - >ヨーロッパ - >フォルクスワーゲン - > 5K0 837 202 AD 433MHz ASKを選択します。



リモートモジュールをケーブルで接続し、「生成」ボタンを押します

 

リモートを成功に生成します。



バッテリCR2032を入れ、リモートシェルに取り付けます。

 

ステップ2OBDSTAR X300 DP Plusでリモートをプログラムする

元のキーでイグニッションスイッチをオンにします。

X300 DP plusでは、Diag Program-> VW-> VW V34.00-> VW-> Program remoteを選択します。



09-Central Control-> Program remoteを選択します。



UNLOCKまたはLOCKボタンを1回押して、リモコンを追加します。



作成成功。

リモートをテストします。



完了しました。

obdstar tool

   


Posted by carobd2 at 10:35Comments(0)obd2

2018年11月14日

Nissan consult3 plus V75 .20 win7 8 10無料ダウンロード

メガでNissan consult 3 plus V75 .20 V72.13 V65.12 win7 8 10を無料ダウンロードし、100%作業、パスなし、安全、多言語対応など。Nissan consult3 plus V75 .20セットアップ指示に従う。

 

Nissan consult3 plus V75 .20 V72.13 V65.12 win7 8 10無料ダウンロード:

日産consult3プラスV75.20無料ダウンロード:

https://mega.nz/#!WYYmiQ6J!QDCblZBomUBfEkTUEHd9ZCHWzV0cUKM-_3fT0nW7scg

 

Nissan Consult 3 Plus V72.13デモをダウンロード:

https://mega.nz/#!EVBC1I6a!mwvSkwf4SKqBN0oYDAhpvWJNFPHdWSKHKGaKgXknkSw

 

Nissan consult-3 plus V65.12を無料でダウンロード

https://mega.nz/#!GRIEQTjT!BpR-ysRj2rDj8dPO5U1xnBE05qA5-NEFcMhmAoo4MsY

Win 7 8 10に対応する

パスワードなし

サプライヤー:fly Company

多言語:

英語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/イタリア語/日本語/ロシア語/フィンランド語/ギリシャ語/

中国語(簡体字)/中国語(繁体字)/ポルトガル語

  


Posted by carobd2 at 10:29Comments(0)obd2

2018年11月09日

Citroen C4 PicassoワイヤレスリモートキーをOBDでプログラミングする方法

ここでは、Xhorse VVDIキーツールを使ってCitroen C4 Picassoワイヤレスリモートキーを生成しLonsdor K518ISEキープログラマーでリモコンをプログラムする方法を説明します。

必要なツール:

Xhorse VVDIキーツールリモートメーカー

元のリモートキー

Xhorse VVDIワイヤレスリモートキー

Lonsdor K518ISEキープログラマー



手順1VVDI Keytoolでリモートを生成する

元のキーをコイルに挿入し、トランスポンダクローン- >自動検出クローンを選択します。 

元のリモートID46を読み、7941トランスポンダをロックされました。



vvdiリモートをコイルに挿入します。



リモートID46を識別し、7941をロック解除されます。

vvdiリモートを分解し、PCBをコイルに挿入します。

リモート/スマートプログラム - >リモートキー - >ヨーロッパ - >シトロエン - > C3(268 c3 434 MHz)から入力します。



Genボタンを押してリモートに書き込みます。



リモートキーを生成しました。



手順2Lonsdor K518ISEでリモートキーをプログラムする

OBDソケット経由でK518ホストと車両を接続します。

「イモビライザー」→「シトロエン」→「車両から選択」→「C4->イモビライザー」→「タイプ1」→「プログラムキー」



vvdiキーでイグニッションスイッチをオンにします。

Lonsdor 518で車両情報を読み取ります。



アクセスするために4桁のピンを入力します(最初にPINを読んでから、空白を自動的に記入する必要があります)



PINの確認

15秒以内にイグニッションをオン/オフします。



プログラミング



第1キープログラミング完了しました。



イグニッションをオフにし、新しいキーを交換し、15秒以内にイグニッションをオンにします。



プログラムが完了しました。



リモートコントロールを手動で再プログラムする:

1.イグニッションスイッチをオフにしてキーを取り外します

2.キーを入れ、イグニッションをオンに切り替えます。

3.リモートキーのいずれかのボタンを10秒間押してから20秒以内に離します。

4.イグニッションをオフにし、キーを取り外します。



リモートキーをテストします。



完了しました。

jobdii.jp  


Posted by carobd2 at 15:21Comments(0)obd2