2015年01月27日

どのようにVWカブリオエアバッグライトを修理する?

その時間、コンパクトなフォルクスワーゲンカブリオの時のベストセラーのヨーロッパコンバーチブルは、1つの小さいパッケージでのすべて燃料効率と処理を折畳み式の柔らかいトップの贅沢と結合する。カブリオが来ることと自身を自動的に締めて、置く多い安全機能シートベルト〈ロールバーを含む〉を装備されること、および前の側デュアルエアバッグ。時間の間、エアバッグライトは適切に作動しないかもしれず、修理される必要がある。VAGサービスとエアバッグリセットツールを使うことによりカブリオのエアバッグライトインジケータは復元される。

具体的な手順:
修理に必要な物:VAGサービスとエアバッグリセットツール

1カブリオの発火のスイッチを切りなさい。
2VAGサービスとエアバッグリセットツールを、フードリリースラッチの近くで突き止められたカブリオの診断のシステムに差し込みなさい。リセットツールはほとんどの自動車部品店で入手可能である。
3赤いおよび黄色いLEDライトが来るまで、ツールの「選択」ボタンを押し下げなさい。
4発火のスイッチを入れなさい。カブリオを始動させない。もし発火がオフならば、ツールは作動しない。
5「入りなさい」ボタンをリセットツールに押し、つけるために、LEDライトのために10秒待ちなさい。
6発火のスイッチを切りなさい。
7VAGサービスとエアバッグリセットツールのプラグを抜き、カブリオの診断のポートから取り除きなさい。

http://www.jobdii.jp/wholesale/vag-diagnostic-tool/
  


Posted by carobd2 at 18:30Comments(0)obd2

2015年01月21日

車載HUD世界市場、2019年には300億円に成長の予測

リサーチステーションは1月20日、海外最新リサーチ「車載HUD(ヘッドアップディスプレイ)の世界市場:2019年市場予測と動向分析」の取扱いを開始した。

1988年、GMによって最初の車載HUDが導入されたが、当時はまだスピードメーターとタコメーターといった基本的な表示のみだった。現在のHUDは高度化しており、車線情報、ナビゲーション、車間距離や障害物距離、テキストメッセージの表示などが可能となっている。

アウディ、BMW、レクサス、キャデラックが米国でのHUD売上の大半を占めており、ベンツは『Cクラス』『Sクラス』の2015年モデル向けにHUDを提供する見込みだ。自動車メーカーはインフォティンメントディスプレイの高度化を進めており、ベンダー企業にとっては大きな市場機会になるとみられている。

同レポートによると、高級車向けの車載HUDの世界市場は2014年に1億4620万米ドル(約173億円)に達し、今後、年平均成長率にして11.52%の拡大を続け、2019年には2億5260万米ドル(約300億円)規模に達すると予測している。

高級車市場の世界的ブームは継続することが見込まれ、購買層である超富裕層の個人は年3%から5%で増加を続けている。車載HUDシステムは通常、オプション装備品として販売されるが、高価格であることが採択の主要障壁となっている。規模の経済によるコストダウンには、HUDが中間セグメント車種向けに生産、搭載されていくことが必要となるとみている。

ほかの車載部品が必要であれば、自動車LED HIDランプをチェックしてみてください。
  


Posted by carobd2 at 18:20Comments(0)obd2