2019年06月24日

CG100 Progを使って93C66チップを読み書きする方法

ここでjobdii.jpはCG100 Prog を使って93c66チップを読み書きするに関するテストレポートを示しています。それは非常に便利で操作が速いです。

 

必要なツール:

CG100プログラマー

CG100 ATMEGAアダプター

 

手続き:

EEPROMアダプタに93C66チップを取り付け、ATMEGAアダプタにEEPROM adaterを取り付けます。



ATMEGAアダプターをCG100に接続します。



CG100ソフトウェアを起動し、「Programmer」をクリックします。



「シリアルフラッシュ」を選び、「93C66」を選びます。



「読む」ボタンをクリックして読みます。



読みは成功しました。



そして書き込みを操作する前に、データが破損した場合に備えて、元の93C66データファイルを保存します。



今度は00000000行から00000010行までを "00"に変更し、「書く」ボタンをクリックして書き込みを開始します。



書き込みは成功しました。



その後、93C66データを再度に読み取って、書き込み操作が正常に行われたかどうかを確認することができます。



完了しました。  
タグ :CG100 Prog


Posted by carobd2 at 15:27Comments(0)obd2

2019年06月01日

CGDI MBで古いBenz W202 W208 W210用の新しいキーをプログラマ

Jobdii.jpはCGDI MBプログラマーを使って1997-1998年の古いメルセデスベンツW202 W208 W210 kline 38ピン車に新しいキーを追加する方法を紹介します。

手順

ステップ1:パスワードを計算する

CGDI MB Programmerを車両とラップトップに接続してから、CGDI MBソフトウェアを実行します。



「EIS」メニューを選択し、「Read EIS Data」をクリックします。



「パスワードの計算」メニューに移動し、「キーでキーをコピー」- >「データ収集」を選択します。



キーの種類を選択:その他のキー、「OK」をクリックして続行します。



EISにキーを挿入して「OK」をクリックして続行します。



これは-Kline EISです。操作は通常のEISとは異なります。コードを回避するために、プロンプトに従って操作してください。



鍵をCGDI MBデバイスに挿入し、[OK]をクリックして続行してください。



EISにキーを挿入するように要求されるまで待ってから「OK」をクリックします。



数秒間待つように頼まれます。



キーがオンの位置にあることを確認して装置を点灯させるように促すプロンプトが表示されますか?できない場合は、通常は装置をひねって点灯させることができるようになるまで、キーを引き抜いてもう一度試します。そして「OK」をクリックします。



鍵をCGDI MBデバイスに挿入して「OK」をクリックしてください。



もう一度ESIにキーを挿入して「OK」をクリックします。



もう一度実行し、「OK」をクリックします。



鍵をCGDIデバイスに挿入し、「OK」をクリックして続行します。

同じ操作指示でよろしければそれに従ってください。



車のキーをEISに10sで挿入してダイヤルアウトします。



キーをEISにもう一度挿入して「OK」をクリックします。



キーを5秒間引き出してからEISを挿入し、[OK]をクリックします。



もう一度キーをCGDI MB Benzデバイスに挿入して[OK]をクリックしてください。



キーを引き抜いてからEISに挿入してください!以下の操作を数回繰り返すことができます。



鍵を抜いてください



キーをEISにもう一度挿入して[OK]をクリックします。



生成されたファイルを保存します。



ファイルを正常に保存し、パスワードを計算するためのデータをアップロードします。



「データのアップロード」をクリックして、保存したばかりファイルをアップロードします。



データをアップロードしました。「クエリ結果」ボタンをクリックしてクエリします。



「クエリ結果」をクリックすると、クエリ結果に数分かかります。



計算成功![OK]をクリックして続行します



パスワードを取得し、「コピー」ボタンをクリックしてから「EIS」メニューを選択します。



「[貼り付け」ボタンをクリックしてパスワードを貼り付け、「EISデータを保存」をクリックします。

 

ステップ2:鍵ファイルを生成します。



EISデータの保存が成功したら、[Generate EE]メニューを選択してください。

キーファイルフォーマット「V051」を選択し、今保存した[Load EIS File]をクリックします。



「キーファイルの生成」をクリックします。



今、生成されたキーファイルを保存します。

 

ステップ3:新しいキーをプログラムする



新しいキーをCGDI MBデバイスに挿入します。



「Read / Write Key」メニューを選択し、「Read Key / Chip」ボタンをクリックします。



「開く/書く」をクリックします。

キータイプのフォーマットを選択するように促される:41フォーマットと51フォーマット、続行するには「OK」をクリックします。



書き込むキーファイルを選択します。



成功しました!「OK」をクリックして続行します。



車の新しいキーをテストして、それは器械をつけることができて、エンジンを始動させることができます!

完了しました。  
タグ :CGDI MB


Posted by carobd2 at 12:52Comments(0)obd2