2014年01月23日

ND900自動車キープログラマー

ND900自動車キープログラマーが4Dデコーダ付け、トランスポンダー車のキーの進化と歩調を合わせるために設計され構築されています。 ND900 Proキーデュプリケータは、このように簡単な検出を可能にする無線周波数の分野で最も革新的な電子部品、リーディング、固定コードトランスポンダーのクローニング(複製)と暗号トランスポンダーコードの識別を提供しています。



ND900英語のソフトウェアを更新する可能、もしND900 Proを更新したければ、次の手順に従ってください。
1。顧客が最初に更新するために公式サイトをND900に行く
2。私たちに製品IDを提供
3。工場が承認を開いた後、もう一度デバイスを更新
4。詳細情報サポートのために正常に更新され、私たちのJOBD2のウェブサイトをご覧ください。

自動車診断機  


Posted by carobd2 at 15:29Comments(0)obd2

2014年01月20日

OBDIIスキャナの接続

OBDIIでノートパソコンをインターフェースとエンジン性能を監視し、エンジンの問題を診断するために使用することができます。あなたはガレージを所有し、ホンダHDSを保持する必要がある場合は代わりに、ハンドヘルドプログラマのラップトップを使用することは利点である。それはまた、あなたの個人的な車の記録を残しておきたいことの利点である。あなたがあなたの車の中で高性能エンジンを持っている場合などには、各変更後、エンジン性能の記録を維持することができます。
1
ウェブサイトからVAS 5054Aのために必要なソフトウェアをダウンロードしたり、新しいスキャナに付属のディスクからソフトウェアをインストールします。
2
あなたのラップトップのUSBポートにスキャナを接続します。ほとんどの新しいスキャナは、 USB2.0技術を使用しています。あなたの車のOBDIIポートにケーブルのもう一方の端を差し込みます。
3
コンピュータ上のOBDIIプログラムを起動して、 「補助」の位置にあなたの車を回す。あなたのOBD2 launch x431のを達成したいのかに応じて、完全にエンジンを回すために、コンピュータによって要求される場合があります。


より多くの情報:http://www.jobdii.jp/  


Posted by carobd2 at 16:36Comments(0)obd2

2014年01月10日

V3.002.032 Honda HDSの簡単紹介

ホンダ自動車専用診断ツールであるホンダ診断システムHDS は最新のバーションが打ち上げされて、V3.002.032のことになります。

V3.002.032 Honda HDSは旧版より対応する車両モデルを増やして、1992ー2014年のホンダメーカーに適用します。

今のこのバーションを使う前に、ソフトウェアをアクテイブする必要があります。Jobdii.jpでは無料でアクテイブサービスを提供いたします。
診断テスト範囲:ダイナミカ、ボディ、シャーシ、ABS、SRS、防犯、など。

CAN BUSシステムを支持して、 ECUを再プログラムすることができて、このHIMは PC 操作プラットフォームに基づいて自動車の診断を簡単に行われます。

もっと情報なら、http://www.jobdii.jp/wholesale/v3-002-032-honda-hds-him-diagnostic-tool.htmlまでご覧ください!
  


Posted by carobd2 at 15:45Comments(0)obd2

2014年01月08日

ECUの制限調整と Multi-Di@g Access J2534

ECUは、エンジン制御ユニットを指す。これは通常、最高のレベルにエンジン性能を向上させるために電子的にエンジンを制御する自動車エンジンの電子部品である。空気と燃料の混合と、エネルギーを放出するように燃焼されることにより、通常は燃焼に関与している。 ECUの再マッピングは、その性能を向上させるために、自動車のエンジンの電子制御ユニットを調整することを指す。あなたは、ECUの再マッピングは、あなたの車かのために必要であるかどうかを判断するためには、これがすべてに約あるか知っているためにこの記事を読んでする必要がある。

車を製造する場合、その性能が所定の制限値に限定されるようなECUに設定された限界がある。制限は、通常、いくつかの州では、法律によって設定することができる基準の下で設定されている。設定の制限は、他の理由の中で状態の気候条件の結果として可能性があります。これは、グローバルに任意の条件に耐えるためには自動車である。 ECUの再マッピングは、限界のない規制が存在しない場合、あなたの車のパフォーマンスが改善されますように、ECUの設定のこれらの制限を調整することが含まれます。

2013-II Multi-Di@g Access J2534のようなもので、クルマとつながって、ECUの情報データなどを簡単に読み取り、ECUの改善すること、またはメンテナスには大いに役に立ちます。

エンジン部品は、他のコンポーネントや、既存のエンジン部品のほかに修正を加えて置換により変更された場合に、ECUの再マッピングは、最も推奨されます。例えば、修飾または置換さ排気システムは、エンジン内の燃焼が変更され、ECUの設定が改変と一致しなくてもよいことを意味する。これは、エンジンのパフォーマンスの低下につながる。それがすることになっているよりも非力になります。

関連ECU対応ツール:KTAG K-TAG ECU Programming Tool  


Posted by carobd2 at 15:10Comments(0)obd2

2014年01月06日

TOYOTA Intelligent Tester 2 IT2を使って、トヨタカムリセの故障をテストする

約16万キロ、コンフィギュレーション• 2AZエンジンと5速オートマチックトランスミッションU250Eタイプ2007モデルGACトヨタカムリセダンの燃費。ユーザーはレポート:車はそれが加速することは困難であり、送信が滑り、アイドリング現象が断続的に発生し始めた。

ピック後:TOYOTA Intelligent Tester 2 IT2 を接続してテストを行います、送信データストリームがスリップ読むとき、制御コマンド3自動変速機の変速制御装置が発行されているが、トルクコンバータのタービン回転速度の比較、中間シャフトの速度は、トランスミッションではない実行するための3つのファイルを達成。エンジン速度および負荷データから、エンジンがアイドリングしている車両は、送信電力伝達が遮断された例示の抗トレーラーを受けない。繰り返されるテストはギアのみを3ファイルを滑りを確認した後、他の屋台車に正常であった。アクチュエータの作品に3つのファイルは、クラッチC0 、 C1クラッチ、 EZウェイクラッチとブレーキB3が含まれています。他の3つの屋台がファイルに加えて、これらのアクチュエータは、作業に関与しているので、初期不良がこれらのアクチュエータとは何の関係もないかを決定することができ、問題が制御部である必要があります。

3ファイルが備えコントラスト2 、第3および制御プロセス4ファイルは、同時にクラッチC0とC1である。 C0とC1は、他の屋台に取り組んでいるクラッチは、障害が存在しません。 C0とC1の個体差で動作するように制御弁が、同時に唯一のソレノイドバルブSL2とS L3の差は存在しません。両方のリニアソレノイドバルブは、ソレノイド弁であり、出力圧力は、動作電流に反比例する。自動変速機の制御部は、電流が増加を動作させる制御コマンドファイル3 、ソレノイドバルブSL2及びS13を送信したときに通常の状況下では、出力圧が低下する。それらが係合するように下部プランジャの上端部の圧力制御弁C0およびC1は、上方に移動し、クラッチC0及びC1に至る油路を開いたとき。しかし、実際にクラッチC0またはC1とが係合しているので、バルブSL2 、S13、および制御ラインをチェックしていない。

自動変速機のワイヤハーネスのプラグを抜き、ソレノイドバルブSL1 、 SL2 、 S13性、ソレノイドバルブSL1 5 。 5Ω 、正常の抵抗の結果を測定するために使用され、ソレノイドバルブSL2 、 SL3の抵抗のみ0 。 8Ω 、命令コイルが短絡された。電磁弁SL2 、 SL3 を交換したら、故障が完善に排除されます。

自動車故障診断機  


Posted by carobd2 at 18:18Comments(0)obd2