2019年11月04日

Autek iKey820がInfiniti G37 2011に新しい鍵をプログラムした

Infiniti G37 2011の新しいキーをプログラムできました!

 

Autek iKey820自動キープログラマーを使用します。

 

車:インフィニティG37 2011

キープログラマー:Autek Ikey820

方法:OBD

 

新しいキーを追加する手順:

 

ステップ1:能力を選択する

Autek iKey820のキープログラムに移動します

Autek Ikey820 Infiniti G37 1

ステップ2:車両を選択する

Infiniti G37 2011を選びます。

Autek Ikey820 Infiniti G37 2

Autek Ikey820 Infiniti G37 3

Autek Ikey820 Infiniti G37 4

Autek Ikey820 Infiniti G37 5

Autek Ikey820 Infiniti G37 6

ステップ3:ピンを読む

Autekはピンを読むつもりです。

Autek Ikey820 Infiniti G37 7

Autek Ikey820 Infiniti G37 8

Autek Ikey820 Infiniti G37 9

Autek Ikey820 Infiniti G37 10

Autek Ikey820 Infiniti G37 11

 

 

 

 

 

 

 

Autek Ikey820 Infiniti G37 12

ステップ4:新しいキーをプログラムする

キーを挿入し、イグニッションをオンにします。

Autek Ikey820 Infiniti G37 13 Autek Ikey820 Infiniti G37 14

iKey 820は新しいキーをプログラミングしています。

Autek Ikey820 Infiniti G37 15

イグニッションをオフにします。

Autek Ikey820 Infiniti G37 16

イモライトが消えます。

Autek Ikey820 Infiniti G37 17

成功! 新しいキーを作ることができました。

Autek Ikey820 Infiniti G37 18

できた! ESCを押してキーを削除します。

Autek Ikey820 Infiniti G37 19

結果:成功!

時間:2分未満  
タグ :Autek iKey820


Posted by carobd2 at 15:45Comments(0)obd2

2019年10月18日

Tango V1.115 Toyota H Immoキー全紛失の解決案

Tangoキープログラマーの新しいソフトウェアV1.115は、Barracuda Image Dumpに基づいてキーメーカーToyota H-immoキー全紛失を追加します。

tango-v1115

トヨタHイモビライザーキー紛失のソリューション

(ジェネレーション1 11910およびジェネレーション2 12xxx)

 

I.はじめに

このヘルプは、Tangoソフトウェアバージョン1.115およびBarracudaソフトウェアバージョン13に関連します。このシステムは、市場(EU /アジア/米国)に関係なく、現在知られているすべての世代(Gen1 MCU 11910、Gen2 MCU 12xxx)の128ビットH固定システムを搭載したトヨタ車のキー全紛失(AKL)状況を解決できます。イモビライザーを交換またはリセットする必要なく、LKP-04にマスターキーを作成します。プロセス中、車のデータは一切変更されません。

 

システム要求:

バラクーダプログラマー

Barracuda Adapter H Immo

バラクーダの活性化H Immo

タンゴキープログラマー

LKP-04トランスポンダー

トヨタメーカー

トヨタイメージジェネレーターH

 

Barracuda Adapter H Immo

tango-toyota-h-akl-1

II 操作手順

 

システムcは、以下に説明する2つの主要な段階に要約できます。

バラクーダでイモビライザーのデータを読む

Tangoを使用してマスターキーを作成する(トランスポンダーの書き込み)

 

イモビライザーのデータを読む

1.車両イモビライザーを外し、アダプターH Immoに接続します。

tango-toyota-h-akl-2

2.Barracudaを接続してソフトウェアを起動します。

3.ECU Maker-> H-Immoを選択します。 次に、「Immoデータの読み取り」を押します。

tango-toyota-h-akl-3

4.BarracudaはImmoに接続し、その部品番号が表示され、読み取りIDが完了するまで待ちます。

tango-toyota-h-akl-4

5.ダンプファイル(* .bin)を保存します。

tango-toyota-h-akl-5

ステップ4の後、イモビライザーに関する操作はこれ以上ないため、イモビライザーを車両に戻すことができます。

 

Tangoキープログラマーでトランスポンダーを書く

1.Tangoを接続してソフトウェアを起動します。

2.アジアを選択し、次にトヨタ->ユーティリティ-> H-Immoを選びます。

3.タンゴコイルにLKP-04トランスポンダーを配置します

4.ファイルを開くボタンを押します。

tango-toyota-h-akl-6

5.ステップ5の「Immo データを読む」で保存されたダンプファイルを選択します。

tango-toyota-h-akl-7

6.ダイアログウィンドウでLKP-04を選択し、OKを押します。

tango-toyota-h-akl-8

7.Tangoがトランスポンダーの書き込みを完了するまで待ちます

 

ステップ6の後、作成されたLKP-04トランスポンダーは車両のマスターキーになり、診断承認(例Techstream)として使用して、TRPWS21 Hキー(タンゴ生成またはオリジナル)を追加できます。  


Posted by carobd2 at 15:39Comments(0)obd2

2019年10月09日

Autel IM508&APB112シミュレーターを使用してトヨタスマートキーを生成する方法

方法:トヨタカムリのスマートキー紛失の場合、Autel MaxiIM IM508およびAPB112シミュレーターを使用して、シミュレーターを生成し、新しいスマートキーを追加します。

 

車両モデル:Toyota Camry 2016 hybrid

キーチップ:8A

すべてのキーを紛失したため、新しいスマートキーをオンにできない

キーが検出されず、リモートが機能しません。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 (1)

必要なデバイス:

Autel IM508 / IM608

XP400アダプター

Autel APB112スマートキーシミュレーター

新しいスマートキー

 

手順:

Autel IM508をToyota Camry OBDポートに接続し、Autel APB 112をIM508に接続します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -2

「IMMO」メニュー->トヨタ->手動選択->その他

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -3

次に、「カムリ」->スマートキー->キーレスシステム(CAN)を選択します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -4

「イモビライザーデータをバックアップ」を選択します。

この機能は、車両のスマートボックスのEEPROMデータをバックアップするために使用されます。このデータを使用して、車両の緊急起動用のシミュレータキーを生成し、キーマッチング機能を実行できます。

「OK」をクリックして続行します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -5

イモビライザーデータを読み取ります(im508がネットワークに接続していることを確認してください)

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -6

その後、EEPROMバックアップデータファイルを保存します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -7

「OK」ボタンを押して戻り、「シミュレーターキーを生成」を選択します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -8

EEPROMデータを選択します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -9

保存したバックアップファイルを選択します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -10

キーデータを取得しています...

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -11

キータイプ:SLK3

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -12

APB112キーシミュレーターを接続するように促されます、「OK」を押して続行します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -13

ファームウェアが書き込み中、お待ちください...

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -14

Autel IM508プログラマーはシミュレーターキーが正常に生成されたことを示します

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -15

メニューに戻って「スマートキーを追加」を選択します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -16

「はい」を押してシミュレーターキーを使用します。

注:各ステップは指定された時間内に完了する必要があります。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -17

学習のポジションは:5

「OK」をクリックします。

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-1

シミュレーターキーAPB112をSTARTボタンの近くに置きます。

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-19

その後、ビープ音が鳴り、シミュレータキーを削除します。

学習するには新しいスマートキーをスタートボタンの近くに配置します。

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-21

2つのウォーミング音「ビープビープ」が鳴った後、スタートボタンから新しいスマートキーを取り外します。

登録しています。お待ちください...

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-22

学習は成功します。

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-23

これで、車両で新しいスマートキーをテストできます。

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-24

完了!  


Posted by carobd2 at 17:37Comments(0)obd2

2019年09月18日

Autel IM608でFord Fiesta PATS 2008にキーをプログラマー

この記事では、Audel MaxiIM IM608を使用してFord Fiesta PATS 2008のキーをプログラムする方法について説明します。

Autel IM608 Program Keys for Ford Fiesta PATS 2008 (1)

手順:

Autel IM608デバイスとFord Fiestaを接続してから、Fordメニューに入り、「Fiesta」を選択します。

Autel IM608 Program Keys for Ford Fiesta PATS 2008-2

「2002-2008」を選択します。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-3

「Blade Key」を選択します。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-4

「Immobilizer(CAN)」を選択します。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-35

「キーの消去」を選択します。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-6

注:すべてのキーは初期化されます。キーの学習を完了するには少なくとも2つのキーが必要です。「はい」をクリックして続行します。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-7

イグニッションをオンの位置に切り替え、「OK」をクリックします。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-8

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-9

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-10

キーの消去が完了したら、「OK」をクリックします。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-11

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-12

既知のキーはすべて消去されました。最低2つのキーをプログラムする必要があります。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-13

次の手順を完了するまで、エンジンは起動しません。

以下の手順を実行して、イグニッションキーを学習します。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-14

イグニッションをオフにします。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-15

イグニッションの最初のキーを3秒間オンにしてから取り外します。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-16

キーを追加し続けますか?

「はい」を押して続行し、「いいえ」を押して手順を完了します。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-17

必要なすべての機能を終了した後、すべての学習したキーがエンジンを起動できることを確認します。エンジンが少なくとも5秒間動作し続けることを確認します。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-18

学習が完了しました。

Autel-IM608-Program-Keys-for-ord-Fiesta-PATS-2008-19

できた!

車両にプログラムされたキーをテストします。

 

http://www.jobdii.jp/wholesale/autel-maxiim-im608-diagnostic-programming-tool.html

lishi.jp  


Posted by carobd2 at 16:15Comments(0)obd2

2019年08月12日

VVDI Super Chip を使用してトランスポンダー13 46 47 48 49 4D(83)を生成する

VVDI Super Chip XT27A66は、80ビット、8AトヨタH 126ビット、新しい8Eチップ、8C、4C、11、12、13などで13、46、47、48(TP23)、49、4D(83)のトランスポンダーを生成することが検証されました。

vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-01 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-02

VVDI Super Chip XT27A66をVVDIミニキーツールのコイルに入れ、Bluetooth経由でミニキーツールをXhorse APPに接続します。

vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-03

  1. 「トランスポンダーの生成」-> [XT27で13]を選択します:成功


vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-04 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-05 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-06

  1. XT27でトランスポンダーID46を生成:成功


vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-07 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-08 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-09

  1. XT27でトランスポンダーID47を生成:成功


vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-10 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-11

  1. XT27でトランスポンダーID49を生成:成功


vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-12 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-13

  1. XT27でトランスポンダーID48(TP23)を生成:成功


vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-14 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-15

  1. 80ビットでトランスポンダー4D(83)を生成:成功


vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-16 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-17

7.トランスポンダーの生成-> 8AトヨタH 126ビット:成功

vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-18 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-19 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-20 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-21

8.トランスポンダーの生成->新しい8Eチップ:成功

vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-22 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-23

9.トランスポンダーを生成-> XT27で8C:成功

vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-24 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-25 vvdi-super-chip-xt27A66-generate-transponder-success-26

   


Posted by carobd2 at 17:55Comments(0)obd2

2019年07月31日

Yanhua Mini ACDP IOSバージョン:VINによる車両情報の確認方法

Yanhua Mini ACDP IOSバージョンの更新:ユーザーはプログラミングの前にVINで車両情報をチェックすることができます。App Storeからアプリをアップグレードしてください。

 

目的:Yanhua Mini ACDPがユーザーの鍵をプログラムできるかどうかを確認する。

例えば:

1.車のモデルと年だけ知っているとき、このソフトウェアはBMW IMMOがBMW CAS1-CAS4 +またはFEM / BDCであることを確認するのを助けます。

2.すべてのキーが失われた場合、エンジンのISNコードを読み取る必要がありますが、ユーザーはECUモデルを知らない、それからこのソフトウェアが役立ちます。どちらがユーザーにとってもディーラーにとっても役に立ちます。

たとえば、ディーラーがMini ACDPでBMW 5シリーズ2017のキーをプログラムできるかどうか、どのモジュールを注文するかわからない場合、ディーラーは決定の前にVINにBMW情報の確認を依頼することができます。

プログラミングの前にVINで車両情報を確認するにはどうすればいいですか?

1「詳細」を選びます。



2「App Store」を選びます。

yanhua-acdp-check-vehicle-info-by-VIN-02

3車両情報

yanhua-acdp-check-vehicle-info-by-VIN-02

4オプション:「画像から」または「クリップボードから」、「クエリ」をクリックします。

yanhua-acdp-check-vehicle-info-by-VIN-04

yanhua-acdp-check-vehicle-info-by-VIN-05

5BMWの車両情報。

yanhua-acdp-check-vehicle-info-by-VIN-06

yanhua-acdp-check-vehicle-info-by-VIN-07 yanhua-acdp-check-vehicle-info-by-VIN-08

Yanhua Mini ACDPのアップデートと技術サポートはwww.jobdii.jpで提供されています。  


Posted by carobd2 at 16:45Comments(0)obd2

2019年07月23日

CGDI Prog MB V2.8.6.0にCGキー機能を追加する

CGDI Prog MBキープログラマーのソフトウェアはV2.8.6.0へを更新しました。

 

CG-MB BenzMonster V2.8.6.0 NEW

 

(2019.07.20)

 

1.赤外線EIS読み取り機能を追加します。(シミュレーションキーが必要です)

2.古い164 EISのゲートウェイなしですべての失われた収集機能を最適化しました。(より安定した)

3.ゲートウェイなしの古い164 EISの配線図を追加し、204-204-212 EIS配線図を変更します。

4.21DFキー書き込み機能を追加します。(市場にある副工場の57鍵をサポートし、VVDIが消去した元の鍵を書くサポート)

5.CGキーが識別コードの読み取り機能を追加しました。

6.CGキー交換キー周波数機能を追加しました。

7.CGキーチェック機能を追加しました。

8.CGキーポイント収集機能を追加しました。

9.CGキーポイント交換機能を追加しました。

cgdi-mb

CGDI MB用のCGキー

 

すべてのベンツFBS3イモビライザーに対応します。

 

1.メルセデスベンツバンパワースライドドアをサポートします。

2.4回の連続的な挿入および抽出を介して車の起動失敗を解決されました。

3.2009年以降のMLシリーズボタンの長期/短期使用後のVINコードの問題を解決しました。

4.デバイスのヘルプがない場合、古いベンツw210 w220キーの自動起動が失敗するという問題を解決しました。

5.315mhz-433mhzの間の周波数が自動交換します。

6.CGキーは再利用可能です。

7.200ボーナスポイントを持つキー

8.パスワードまたはあらゆるCG商品を計算するためのトークンの交換として200ボーナスポイント。

cgdi-cg-key

http://www.jobdii.jp/wholesale/cgdi-prog-benz-key-programmer.html  
タグ :CGDI Prog MB


Posted by carobd2 at 12:55Comments(0)obd2

2019年07月11日

Lonsdor KH100は2-3分でID48チップをクローンする方法

確認済み:Lonsdor KH100はトークンなしで2〜3分でID48チップのクローンを作成できます。

 

1.「コピーの識別」、「検索信号」または[IMMOの検出]の順に入力します。



2.コピーを識別する

写真のように、チップを入れてOKをクリックします。





3.ID48チップの情報を読みます。

副工場

48チップ

ID:0000ADF8

ジェッタ(2010-)

ロック解除

コピー可能



4.右ボタンを押して「コピー」を選びます。



5.専用コピーチップ(ID48チップ)をKH100カードスロットに入れてから、「OK」を押します。



6.コピーは成功しました。次のコピーをコピーしますか?



  
タグ :Lonsdor KH100


Posted by carobd2 at 12:48Comments(0)obd2

2019年06月24日

CG100 Progを使って93C66チップを読み書きする方法

ここでjobdii.jpはCG100 Prog を使って93c66チップを読み書きするに関するテストレポートを示しています。それは非常に便利で操作が速いです。

 

必要なツール:

CG100プログラマー

CG100 ATMEGAアダプター

 

手続き:

EEPROMアダプタに93C66チップを取り付け、ATMEGAアダプタにEEPROM adaterを取り付けます。



ATMEGAアダプターをCG100に接続します。



CG100ソフトウェアを起動し、「Programmer」をクリックします。



「シリアルフラッシュ」を選び、「93C66」を選びます。



「読む」ボタンをクリックして読みます。



読みは成功しました。



そして書き込みを操作する前に、データが破損した場合に備えて、元の93C66データファイルを保存します。



今度は00000000行から00000010行までを "00"に変更し、「書く」ボタンをクリックして書き込みを開始します。



書き込みは成功しました。



その後、93C66データを再度に読み取って、書き込み操作が正常に行われたかどうかを確認することができます。



完了しました。  
タグ :CG100 Prog


Posted by carobd2 at 15:27Comments(0)obd2

2019年06月01日

CGDI MBで古いBenz W202 W208 W210用の新しいキーをプログラマ

Jobdii.jpはCGDI MBプログラマーを使って1997-1998年の古いメルセデスベンツW202 W208 W210 kline 38ピン車に新しいキーを追加する方法を紹介します。

手順

ステップ1:パスワードを計算する

CGDI MB Programmerを車両とラップトップに接続してから、CGDI MBソフトウェアを実行します。



「EIS」メニューを選択し、「Read EIS Data」をクリックします。



「パスワードの計算」メニューに移動し、「キーでキーをコピー」- >「データ収集」を選択します。



キーの種類を選択:その他のキー、「OK」をクリックして続行します。



EISにキーを挿入して「OK」をクリックして続行します。



これは-Kline EISです。操作は通常のEISとは異なります。コードを回避するために、プロンプトに従って操作してください。



鍵をCGDI MBデバイスに挿入し、[OK]をクリックして続行してください。



EISにキーを挿入するように要求されるまで待ってから「OK」をクリックします。



数秒間待つように頼まれます。



キーがオンの位置にあることを確認して装置を点灯させるように促すプロンプトが表示されますか?できない場合は、通常は装置をひねって点灯させることができるようになるまで、キーを引き抜いてもう一度試します。そして「OK」をクリックします。



鍵をCGDI MBデバイスに挿入して「OK」をクリックしてください。



もう一度ESIにキーを挿入して「OK」をクリックします。



もう一度実行し、「OK」をクリックします。



鍵をCGDIデバイスに挿入し、「OK」をクリックして続行します。

同じ操作指示でよろしければそれに従ってください。



車のキーをEISに10sで挿入してダイヤルアウトします。



キーをEISにもう一度挿入して「OK」をクリックします。



キーを5秒間引き出してからEISを挿入し、[OK]をクリックします。



もう一度キーをCGDI MB Benzデバイスに挿入して[OK]をクリックしてください。



キーを引き抜いてからEISに挿入してください!以下の操作を数回繰り返すことができます。



鍵を抜いてください



キーをEISにもう一度挿入して[OK]をクリックします。



生成されたファイルを保存します。



ファイルを正常に保存し、パスワードを計算するためのデータをアップロードします。



「データのアップロード」をクリックして、保存したばかりファイルをアップロードします。



データをアップロードしました。「クエリ結果」ボタンをクリックしてクエリします。



「クエリ結果」をクリックすると、クエリ結果に数分かかります。



計算成功![OK]をクリックして続行します



パスワードを取得し、「コピー」ボタンをクリックしてから「EIS」メニューを選択します。



「[貼り付け」ボタンをクリックしてパスワードを貼り付け、「EISデータを保存」をクリックします。

 

ステップ2:鍵ファイルを生成します。



EISデータの保存が成功したら、[Generate EE]メニューを選択してください。

キーファイルフォーマット「V051」を選択し、今保存した[Load EIS File]をクリックします。



「キーファイルの生成」をクリックします。



今、生成されたキーファイルを保存します。

 

ステップ3:新しいキーをプログラムする



新しいキーをCGDI MBデバイスに挿入します。



「Read / Write Key」メニューを選択し、「Read Key / Chip」ボタンをクリックします。



「開く/書く」をクリックします。

キータイプのフォーマットを選択するように促される:41フォーマットと51フォーマット、続行するには「OK」をクリックします。



書き込むキーファイルを選択します。



成功しました!「OK」をクリックして続行します。



車の新しいキーをテストして、それは器械をつけることができて、エンジンを始動させることができます!

完了しました。  
タグ :CGDI MB


Posted by carobd2 at 12:52Comments(0)obd2