2018年11月09日

Citroen C4 PicassoワイヤレスリモートキーをOBDでプログラミングする方法

ここでは、Xhorse VVDIキーツールを使ってCitroen C4 Picassoワイヤレスリモートキーを生成しLonsdor K518ISEキープログラマーでリモコンをプログラムする方法を説明します。

必要なツール:

Xhorse VVDIキーツールリモートメーカー

元のリモートキー

Xhorse VVDIワイヤレスリモートキー

Lonsdor K518ISEキープログラマー



手順1VVDI Keytoolでリモートを生成する

元のキーをコイルに挿入し、トランスポンダクローン- >自動検出クローンを選択します。 

元のリモートID46を読み、7941トランスポンダをロックされました。



vvdiリモートをコイルに挿入します。



リモートID46を識別し、7941をロック解除されます。

vvdiリモートを分解し、PCBをコイルに挿入します。

リモート/スマートプログラム - >リモートキー - >ヨーロッパ - >シトロエン - > C3(268 c3 434 MHz)から入力します。



Genボタンを押してリモートに書き込みます。



リモートキーを生成しました。



手順2Lonsdor K518ISEでリモートキーをプログラムする

OBDソケット経由でK518ホストと車両を接続します。

「イモビライザー」→「シトロエン」→「車両から選択」→「C4->イモビライザー」→「タイプ1」→「プログラムキー」



vvdiキーでイグニッションスイッチをオンにします。

Lonsdor 518で車両情報を読み取ります。



アクセスするために4桁のピンを入力します(最初にPINを読んでから、空白を自動的に記入する必要があります)



PINの確認

15秒以内にイグニッションをオン/オフします。



プログラミング



第1キープログラミング完了しました。



イグニッションをオフにし、新しいキーを交換し、15秒以内にイグニッションをオンにします。



プログラムが完了しました。



リモートコントロールを手動で再プログラムする:

1.イグニッションスイッチをオフにしてキーを取り外します

2.キーを入れ、イグニッションをオンに切り替えます。

3.リモートキーのいずれかのボタンを10秒間押してから20秒以内に離します。

4.イグニッションをオフにし、キーを取り外します。



リモートキーをテストします。



完了しました。

jobdii.jp  


Posted by carobd2 at 15:21Comments(0)obd2