2018年08月28日

SEC-E9キー切断機を使ってSilca HU100キーをカットする方法

SEC-E9は、自動キーカットをサポートするだけでなく、ハウスキーをカットすることもできる強力なキーカッティングマシンです。今回は、SEC-E9を使用してSilca HU100キーをカットする方法についてのガイドを示します。

 

手順:

SEC-E9マシンの電源を入れ、「検索」ボタンを押します。



「HU100」と入力し、「Search」ボタンを押して「SILCA」を選択してください。



「HU100(1097)(8-8)」を選択します。

メニューボタンを押し、「情報」ボタンを押して基本情報を確認します。

このキーはヒントによって導かれます。

次にウィンドウを閉じます。



「デコード」を押してデコードページに入ります



三端子測位の画像をクリックし、「Round of」を押します。



元のキーが正常に機能するかどうかを確認します。



車キークランプに元のキーを固定します。



キーはレベルで固定しなければならないことに注意してください。



「デコード」を押し、「チップからグルーブをクリーニング」の画像をクリックしてデコードを開始します。



元のキーを取り除きます。

車キークランプにHON66キーブランクを取り付けます。

キーの空白を固定レベルにしないでください



カットページに入るには、「カット」ボタンをクリックしてください。



「Speed」と「Normal resolution」ボタンを押します。



三端子測位の画像をクリックします。



切削深度を調整することができます。通常は1mmです。



カットを開始するには「Cut」ボタンを押してください。セーフゲートを閉じることを忘れないでください。



切断...



切削が行われます。

安全ゲートを開きます。クランプを清掃し、新しい鍵を取り出します。



カーキークランプのキーブランクの反対側を変更して切って、「カット」ボタンをクリックしてセーフゲートを閉じます。



切断...



切断が完了し、安全ゲートを開き、新しいキーを取り出します。

新しいキーが機能する場合は、新しいキーを試してください。



 

ピッキング ツール  


Posted by carobd2 at 16:37Comments(0)obd2

2018年08月21日

LONDER K518ISEでKia Ceed 2011ピンコードの読みとキーの作成

Lonsdor K518ISEキープログラマを使用してKia Ceed 2011のピンコード計算とキープログラミング

 

ステップ1:ピンコードを計算する

OBDソケットを介してK518ホストウィット車を接続します。

Immobilizer-> Kia-> Read Pin Code-> 46チップを選択します。



イグニッションをON位置に回します。

ピンコードを読んでいます。

ピンコードを読みました。このピンは、Xhorse VVDI Key Toolで読み取ったピンとまったく同じです。



ステップ2:チップキーをプログラム

キアメニューに戻ります。

タイプ - >イモビライザー - >タイプ1(CAN)を選択します。



キー番号を読みます。



2つのキーが存在します。

キー作成機能を選択します。

イグニッションスイッチをオンにします。

Lonsdor K518はアクセスするためにピンコードを入力する必要があります。



キープログラミング...

キー作成が成功でした。Yesを押して次のキーをプログラムします。



最初のキーを削除します。

次のキーを入れてイグニッションをオンにします。

同じ手順に従って、プログラムが完了するまで次のキーをプログラムします。



新しいキーは車を起動することができます。

 

ステップ3:リモートコントロールをプログラム

選択:Kia- >タイプ - >リモートシステム - > 16ピン - >タイプ4->リモートプログラム



注:システムタイプが不明な場合は、成功するまで1つ1つお試しください。

イグニッションにキーを挿入しないでください。



リモートコントロールをプログラム:1秒以上LOCKまたはUNLOCKボタンを押します。

リモートプログラミングが成功でした。

完了しました。

 

Lonsdor k518ise  


Posted by carobd2 at 17:39Comments(0)obd2

2018年08月16日

CG Pro 1.6.0.0がIMMO Dash Gatewayとチップモデルを追加

CG-Pro 9S12 freescaleプログラマーソフトウェアがV1.6.0.0へをアップデートしました。

 

CG Pro V1.6.0.0(2018.08.04)

1.イモビライザーを追加

Land Rover Discovery 3

 

2.ダッシュボードを追加

ホンダフィットハイ

ホンダフィットロー

ホンダベゼル

ホンダXR-V

ホンダ・グレイズ

現代2016カレンズ

現代ソナタ9

現代ソナタ9 V2

KIA 2016 K3

KIA 2016 K5

スズキ2017ジムニー

BMW Fシリーズ(3シリーズ)

長安ZhiXin II

 

3.ゲートウェイを追加し、CG MBゲートウェイのデータ書き込みをサポートする

ベンツ204 / 212-1L15Y(フラッシュ)

Benz 204 / 212-3M25J(FLASH)

 

4.チップを追加

Motorola-9S08 9S08LG16-0M48V

Motorola-9S08 9S08LG16-0M48V

富士通MB91F061S

富士通MB91F062BS

富士通MB91F467S

マイクロチップPIC18F24J11

マイクロチップPIC18F25J11

マイクロチップPIC18F26J11

マイクロチップPIC18F44J11

マイクロチップPIC18F45J11

マイクロチップPIC18F46J11

マイクロチップPIC18F26J13

マイクロチップPIC18F27J13

マイクロチップPIC18F46J13

マイクロチップPIC18F47J13

マイクロチップPIC18F24J50

マイクロチップPIC18F25J50

マイクロチップPIC18F26J50

マイクロチップPIC18F44J50

マイクロチップPIC18F45J50

マイクロチップPIC18F46J50

マイクロチップPIC18F26J53

マイクロチップPIC18F27J53

マイクロチップPIC18F46J53

マイクロチップPIC18F47J53

マイクロチップPIC18F6620

 

  1. CAS2-2K79X読み取り障害の問題を修正しました。


 

6.プログラムの安定性を向上させるためのコードを最適化しました。

 

jobdii.jp  


Posted by carobd2 at 15:21Comments(0)obd2

2018年08月11日

Lonsdor JLR-IMMOキープログラマをアンバインドする手順

Lonsdorディーラーサービスセンター - Lonsdor JLR-IMMO Jaguar Land Roverキープログラミングデバイスのバインドを解除する方法

 

パート1:登録とログイン

ログインウェブサイト:http://dealer.lonsdor.com(英語と中国語の切り替えが可能)

 

アカウントパスワード:ディーラーの情報を追加する際にマーケティング担当者や販売スタッフが作成します。 IMバックエンドシステムに送信します。

 

ディーラーは正しいメールアドレスとパスワードを入力してログインできます:



メインインターフェイスが正常に入力され、現在の製品がここに表示されます(下の図を参照)。



パート2:製品の選択

Lonsdor JLR-IMMOを選択した後、以下のインターフェースにスキップします:



パート3:バインド解除コードを取得する

デバイスのPSNを確認し、それはデバイスの背面またはホームページに表示されます。また、[機器情報]メニューを入力して確認することもできます。3つのPSNは同じものです。

 

上の図の入力ボックスにPSNを入力し、「submit」をクリックしてコードのバインドを解除します。



パート4:デバイスのバインドを解除する

端末を再起動し、言語選択インターフェースを入力してください(下の図を参照)。



UPボタンとDOWN(①)ボタンを同時に押して、左ボタンと右ボタンを同時に押します(下図参照)。



デバイスのボタンA(Enter)を押して確定します。



ボタンA(Enter)を押し続け、アンバインド命令インタフェースを入力します(下図参照)。



このインターフェースに留まり、しばらくの間はA(Enter)を押さないでください。次の操作を終えたら、Aを押してください。

 

パート5:サーバーデータのバインドを解除する

(パート3に続く)

アンバインドコードを取得した後、登録コード入力ボックスがあります。プロンプトメッセージに応じて、デバイスのインターフェースに表示されている登録コードをここに入力してください(パート4の最後を参照)。



コードが正しいことを確認した後、「unbind」をクリックすると、アンバインドが成功したかどうかが確認されます。



パート6JLR-IMMOのバインド解除を確認する

(パート4に続く)

 

アンバインド命令インタフェースでは、デバイスのボタンA(Enter)を押してアンバインドが成功したことを確認します(下の図を参照)。



lonsdor k518ise  


Posted by carobd2 at 17:00Comments(0)obd2

2018年08月06日

CGDI Pro and CGDI MBを使用してBenz W639を追加する方法

この記事は、CGDI Pro 9S12CGDI MBを使用してベンツW639の新しいキーを追加する方法に関するガイドを示しています。

手順:

手順1:EISデータを読み込む

EIS番号を確認します。



EIS PCBチップ:



CG Pro 9S12ソフトウェアを実行します。

「盗難防止コンピュータ」、「ベンツ」、「EIS-639(HC08)」を選択します。



その後、ソフトウェアの配線図に従ってケーブルコネクタをEIS PCBに接続します。



EISへのCGDI Pro 9S12配線接続



EISデータを読むには「Read」をクリックしてください。



EISデータが正常に読み込まれた後、ラップトップに保存します。

 

ステップ2:新しいキーを追加する

CGDI MBソフトウェアを実行し、保存したEISデータをロードしてください。ソフトウェアにパスワードが表示されます。



次に、「EISデータを保存」をクリックし、デフォルトのファイル名を使用して保存してください。



「Generate EE」をクリックし、「Load EIS File」ボタンをクリックしてEISデータをロードします(このEISデータはCGDI MBソフトウェアによって保存され、CGDI Proソフトウェアでは保存されません)。



EISデータの読み込み後、データ情報をチェックします。



次に、「Generate Key File」をクリックして、待ってください...



その後、CGDI MBソフトウェアは「キーファイル生成に成功しました」というメッセージを表示し、データファイルを保存する必要があります。



「Read / Write Key」を選択します。



CGD MBスロットに追加したい新しい鍵を挿入してください。



「Read」をクリックすると、ソフトウェアはこの空のキー情報を表示します



「Open / Write」をクリックし、警告メッセージを確認してください:

スマートキーは41形式を選択し、共通キーとBEキーは51形式を選択してください。

元のキーを書き込む前、CGDI MBを使用してキーデータを消去する必要があります。そうしないと、プログラミングの進行が失敗します。



未使用のキーデータファイルを選択して開き、進行状況の書き込みを続行します。



書き込みに成功した後、車両にEISをインストールして、キーラーニングを実行します。



 

www.jobdii.jp  


Posted by carobd2 at 16:21Comments(0)obd2