2019年05月13日

CGDI MBソフトウェアがV2.8.4.0 へアップデート(2019.05.10)

CGDI Prog MBソフトウェアは、2019年05月10日にアップデートしました。

 

CGDI MB V2.8.4.0アップデート(2019.05.10)

 

  1. データ収集前の機器状態確認機能を追加しました。


 

  1. EIS W639(CAN 2009-)の全損失収集機能を追加しました。


 

  1. EIS W639(CAN 2009-)のACアダプター高速収集機能を追加しました。


 

  1. 接続が正常でない場合、新しいシミュレータが古いシミュレータとして認識される問題を修正しました。


 

  1. EIS W210 ACアダプタ高速収集配線図を修正しました。


 

  1. W169全損失収集配線図、W639(CAN 2009-)全損失収集配線図、W639(CAN 2009-)ACアダプタ高速収集配線図を追加しました。


 

  1. EIS K-lineワイプ機能をシールドしました。


 

  1. EIS W204 ACアダプター高速収集機能をシールドしました。


 

9. 中国国外のユーザーのネットワーク接続性を向上させるために、境界サーバーを追加しました。  
タグ :CGDI MB


Posted by carobd2 at 18:50Comments(0)obd2

2019年05月05日

Autel IM608でRange Rover Evoque 2013キー全紛失をプログラミング

この記事では、Autel MaxiIM IM608を使用してRange Rover Evoque 2013の新しいキーをプログラムする方法を説明します。

 

手続き:

Autel IM608をRange Rover Evoque 2013に接続します。



「手動選択」を選択します。



レンジローバーを選択します。



「-2013スマートキー」を選択します。



キーレスシステム(CAN)



「すべてのスマートキーが失われました」を選択します。



今すぐスタートボタンを押してください。



注意:

1.すべての学習したスマートキーは消去されます。2つ以上のスマートキーを学習する必要があります。

2.元の車のキーは最初に「スマートキーを回復する」機能を実行する必要があります。



イグニッションをオフにします。



イグニッションは自動的にオンになりましたか?



その後、それは以下のように車の情報が表示されます。



学習した鍵の数は0です。



すべてのスマートキーが消去されました。新しいスマートキーを学習してください。



学習用のスマートキーを手に入れます。



5秒以内に1秒間学習するスマートキーのロック解除ボタンを押し、車両が反応しない場合は、もう数回試します。



正常に学習しました。

次の学習を続けてください。



上記の手順を繰り返します。

 

http://www.jobdii.jp/wholesale/autel-maxiim-im608-diagnostic-programming-tool.html  


Posted by carobd2 at 12:17Comments(0)obd2