2019年10月18日

Tango V1.115 Toyota H Immoキー全紛失の解決案

Tangoキープログラマーの新しいソフトウェアV1.115は、Barracuda Image Dumpに基づいてキーメーカーToyota H-immoキー全紛失を追加します。

tango-v1115

トヨタHイモビライザーキー紛失のソリューション

(ジェネレーション1 11910およびジェネレーション2 12xxx)

 

I.はじめに

このヘルプは、Tangoソフトウェアバージョン1.115およびBarracudaソフトウェアバージョン13に関連します。このシステムは、市場(EU /アジア/米国)に関係なく、現在知られているすべての世代(Gen1 MCU 11910、Gen2 MCU 12xxx)の128ビットH固定システムを搭載したトヨタ車のキー全紛失(AKL)状況を解決できます。イモビライザーを交換またはリセットする必要なく、LKP-04にマスターキーを作成します。プロセス中、車のデータは一切変更されません。

 

システム要求:

バラクーダプログラマー

Barracuda Adapter H Immo

バラクーダの活性化H Immo

タンゴキープログラマー

LKP-04トランスポンダー

トヨタメーカー

トヨタイメージジェネレーターH

 

Barracuda Adapter H Immo

tango-toyota-h-akl-1

II 操作手順

 

システムcは、以下に説明する2つの主要な段階に要約できます。

バラクーダでイモビライザーのデータを読む

Tangoを使用してマスターキーを作成する(トランスポンダーの書き込み)

 

イモビライザーのデータを読む

1.車両イモビライザーを外し、アダプターH Immoに接続します。

tango-toyota-h-akl-2

2.Barracudaを接続してソフトウェアを起動します。

3.ECU Maker-> H-Immoを選択します。 次に、「Immoデータの読み取り」を押します。

tango-toyota-h-akl-3

4.BarracudaはImmoに接続し、その部品番号が表示され、読み取りIDが完了するまで待ちます。

tango-toyota-h-akl-4

5.ダンプファイル(* .bin)を保存します。

tango-toyota-h-akl-5

ステップ4の後、イモビライザーに関する操作はこれ以上ないため、イモビライザーを車両に戻すことができます。

 

Tangoキープログラマーでトランスポンダーを書く

1.Tangoを接続してソフトウェアを起動します。

2.アジアを選択し、次にトヨタ->ユーティリティ-> H-Immoを選びます。

3.タンゴコイルにLKP-04トランスポンダーを配置します

4.ファイルを開くボタンを押します。

tango-toyota-h-akl-6

5.ステップ5の「Immo データを読む」で保存されたダンプファイルを選択します。

tango-toyota-h-akl-7

6.ダイアログウィンドウでLKP-04を選択し、OKを押します。

tango-toyota-h-akl-8

7.Tangoがトランスポンダーの書き込みを完了するまで待ちます

 

ステップ6の後、作成されたLKP-04トランスポンダーは車両のマスターキーになり、診断承認(例Techstream)として使用して、TRPWS21 Hキー(タンゴ生成またはオリジナル)を追加できます。  


Posted by carobd2 at 15:39Comments(0)obd2

2019年10月09日

Autel IM508&APB112シミュレーターを使用してトヨタスマートキーを生成する方法

方法:トヨタカムリのスマートキー紛失の場合、Autel MaxiIM IM508およびAPB112シミュレーターを使用して、シミュレーターを生成し、新しいスマートキーを追加します。

 

車両モデル:Toyota Camry 2016 hybrid

キーチップ:8A

すべてのキーを紛失したため、新しいスマートキーをオンにできない

キーが検出されず、リモートが機能しません。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 (1)

必要なデバイス:

Autel IM508 / IM608

XP400アダプター

Autel APB112スマートキーシミュレーター

新しいスマートキー

 

手順:

Autel IM508をToyota Camry OBDポートに接続し、Autel APB 112をIM508に接続します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -2

「IMMO」メニュー->トヨタ->手動選択->その他

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -3

次に、「カムリ」->スマートキー->キーレスシステム(CAN)を選択します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -4

「イモビライザーデータをバックアップ」を選択します。

この機能は、車両のスマートボックスのEEPROMデータをバックアップするために使用されます。このデータを使用して、車両の緊急起動用のシミュレータキーを生成し、キーマッチング機能を実行できます。

「OK」をクリックして続行します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -5

イモビライザーデータを読み取ります(im508がネットワークに接続していることを確認してください)

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -6

その後、EEPROMバックアップデータファイルを保存します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -7

「OK」ボタンを押して戻り、「シミュレーターキーを生成」を選択します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -8

EEPROMデータを選択します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -9

保存したバックアップファイルを選択します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -10

キーデータを取得しています...

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -11

キータイプ:SLK3

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -12

APB112キーシミュレーターを接続するように促されます、「OK」を押して続行します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -13

ファームウェアが書き込み中、お待ちください...

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -14

Autel IM508プログラマーはシミュレーターキーが正常に生成されたことを示します

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -15

メニューに戻って「スマートキーを追加」を選択します。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -16

「はい」を押してシミュレーターキーを使用します。

注:各ステップは指定された時間内に完了する必要があります。

Autel IM508 & APB112 All Keys Lost Programming for Toyota Camry 2016 -17

学習のポジションは:5

「OK」をクリックします。

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-1

シミュレーターキーAPB112をSTARTボタンの近くに置きます。

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-19

その後、ビープ音が鳴り、シミュレータキーを削除します。

学習するには新しいスマートキーをスタートボタンの近くに配置します。

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-21

2つのウォーミング音「ビープビープ」が鳴った後、スタートボタンから新しいスマートキーを取り外します。

登録しています。お待ちください...

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-22

学習は成功します。

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-23

これで、車両で新しいスマートキーをテストできます。

Autel-IM508-APB112-All-Keys-Lost-Programming-for-Toyota-Camry-2016-24

完了!  


Posted by carobd2 at 17:37Comments(0)obd2