2015年07月30日

BMW INPA K+CAN with FT232RL Chip

BMW INPA K+CANはBMW自動車対応のOBD2 USBインタフェースで、また1998 から 2008 までの全てのBMW車両モデルに診断できます。それは2 lines K and D-can magisterialで構成されます。

とりあえず機能一覧

エラーを読み取ると消去可能
適応
ドライバーのプログラミング
コーディング技術
そしてその他

対応プロトコルは下のように:

Fast magisterial D-CAN とPT-CAN (500 kbit/s)
Slow magisterial K-CAN (100 kbit/s)
標準のBMWプロトコル(BMW OBD interface)

BMW OBD interfaceのプロトコルは古い車種のためです。

1995から1998年まで(K-line必要ありません)
1998から03・2008まで(全てのモデル)

販売サイト: http://www.jobdii.jp/wholesale/bmw-inpa-k-can-sp59.html
もしBMW INPA K+CAN with FT232RL Chipにもっと了解したい方は上記のリンクをクリックしてくださいね。


同じカテゴリー(obd2)の記事画像
Toyota G chip Decoder Cloner BoxとCN5 chip
どのように2015.03 Super ICOM ISTA-D/P言語を変える?
Lexia3 Citroen/Peugeot Diagnostic tool install instruction
MB SD C4に関することをご注意
MB-PRO IR コードリーダー
ベンツ診断機mb carsoft 7.4セットアップにはアクティブコードが必要しない
同じカテゴリー(obd2)の記事
 Xtool X100 Pad2「ストレージスペースが不足しています」エラーソリューション (2020-01-09 18:54)
 Xtool X100 Pad2でVW Polo 2010 Dash 24C64 EEPROMを読む (2019-12-18 11:34)
 2M2タンクキーカッターを初めて使用する3つの手順 (2019-12-02 17:38)
 Yanhua Mini ACDPはBMW CAS4 IMMOと走行距離計を更新した (2019-11-16 12:20)
 Autek iKey820がInfiniti G37 2011に新しい鍵をプログラムした (2019-11-04 15:45)
 Tango V1.115 Toyota H Immoキー全紛失の解決案 (2019-10-18 15:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
BMW INPA K+CAN with FT232RL Chip
    コメント(0)