2015年03月25日

必要な知識―Autel Maxidiag Elite MD802 スキャナーでBMWE46エアバッグライトをリセット

原産のAutel Maxidiag Elite MD802http://www.jobdii.jp/wholesale/maxidiag-elite-md802-all-system-ds-model.htmlはデータ•ストリーム「DS」機能を追加したOBD2スキャナーですが、また四つシステム「エンジン、ミッション、ABS、エアバック」とフルシステムにDTCを読み取り、消去可能です。Autel Maxidiag Elite MD802は様々な用途があり、しかしAutel Maxidiag Elite MD802 スキャナーでBMWE46エアバッグライトをリセットすることが分かりますか?一緒にこの知識を把握しましょう。
車両症状:BMW E46ダッシュボードに赤いエアバッグ、SRSインジケータライトが点滅しています。
エアバッグの無効化のインデックス
OBD経由して、Autel Maxidiag Elite MD802 スキャナーを車両と接続してください。
設備の電源をつけてください。
マイン液晶に「Scan」を選んでください。
自分の車両に属する範囲をEuropean /Asia /USAを選択してください。

カーメーカーをBMWを選択して

車両モデルシリアルも3 series―E46を選んでいて

Elite MD802システムと車両との通信ができるまでを待ちます。Elite MD802は自動的に車両の情報例えば車両モデル、バーションなどを読み取れます。

ここでは二つの機能選択があり、「Auto scan」と「Control unit」です。この時、「Control unit」を選んで、また「Body」コントロールユニットを押しください。

次は「MRS Multiple Restrain System III/I」を選択し

それから、「Read Codes」を押して、そうすると、システムは故障コードとその原因を表示します。この場合、二つのエラコードがECUに保存することが分かります。

「Erase Codes」を選んで、システムが「DTCs and Freeze data will be lost」というメッセージを提示するとき、「Yes」をクリックしてください。ダッシュボードのSRSインジケータをチェックして、もしエアバッグライトが作動しないと、故障コードの読み取り、消去動作をもう一度やってください。最後にAutel MD802スキャンツールを車両から外してください。


タグ :Elite MD802


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
必要な知識―Autel Maxidiag Elite MD802 スキャナーでBMWE46エアバッグライトをリセット
    コメント(0)