2015年03月23日

Creator C110コードスキャナーでBMW E46エアバッグを簡単にレセットする

みなさん、手持ちのCreator C110、コードスキャナーは2000から2012年までのBMW車のためにデザインされたました。このCreator C110コードスキャナーはDTCの読み取り、消去、ライブデータをディスプレイ、アダプタションの消去が含まれています。バーションのv3.8はBMW MINIモデルのためにアクティブテストを追加しました。今日は C110で3-serie E46エアバッグとSRSライトのリセットを例として、みなさんと一緒に検討しましょう。
いかのように順序にやってみよう:
まず、Creator C110ソフトウェアをインスタントしてください。OBDソケットでコードスキャナーと車両を接続して、main menuからDIAGNOSE functionを選んでください。
Creator C110コードスキャナーでBMW E46エアバッグを簡単にレセットする

BMW seriesは 3 Seriesを選択します。
Creator C110コードスキャナーでBMW E46エアバッグを簡単にレセットする

詳細のBMW seriesは 3-serie E46にします。
Creator C110コードスキャナーでBMW E46エアバッグを簡単にレセットする

これから、Body コントロールモジュールをしましょう。次へ行くと、SRSを選んで、OKをクリックします。
Creator C110コードスキャナーでBMW E46エアバッグを簡単にレセットする

Read trouble codeを選択してください。システムは自動的にBody モジュールに保存されたエラコードを読み取り、またOKをクリックします。
Creator C110コードスキャナーでBMW E46エアバッグを簡単にレセットする

最後に故障コードを消去してください。
Creator C110コードスキャナーでBMW E46エアバッグを簡単にレセットする

最後に故障コードを消去してください。
Creator C110コードスキャナーでBMW E46エアバッグを簡単にレセットする

エアバッグライトは、ダッシュボードの上にあって、それを切れる必要があります。一旦再接続されるならば、Creator C110 BMWコードリーダープログラムに戻ります。
システムではTrouble code is erased「トラブルコードが削除しました。」を表示します。
エアバッグライトが点滅し始めます。ライトが止めないならば、オフイグニッションをオンにしてから電源をつけてください。
はい、以上です。ほかに何か質問があれば、気をせずに言ってください。
http://www.jobdii.jp/



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
Creator C110コードスキャナーでBMW E46エアバッグを簡単にレセットする
    コメント(0)