2014年03月03日

BMW自動車のエンジン故障の診断・BMW故障診断

直接の権限気筒エンジンを搭載したBMWのセダン、しかしエンジン雇用不安は、急加速と低速加速は油を追加し、調整後の焼戻し給油、排気黒煙、ブラスト、燃料噴射装置のクリーニングされておらず、燃料フィルタの後、障害が解消されない。

修理方法:BMW ICOM Aを接続して全面的にテストする。エンジンシリンダー内の混合ガスの燃焼を示すエンジンの不安定性、排気黒煙は、十分ではないが、この現象は、多くの理由が原因で発生します。エンジンの燃焼混合物の通常動作、大量の熱を、主に水と二酸化炭素をピストンに作用排出を押し、排気ガスが実質的に無色、無臭であり、エンジンが正常に動作しないため、排気は、一酸化炭素が多く含まれ、炭化水素化合物および様々な粒子と黒色、より明白なとき急加速。

いない場合は、このような場合には、あなたが最初にあまりにも多くのコークススパークプラグ電極アブレーション異常があるかどうかをチェックする必要があり、各気筒をご確認作業圧力は一般に1.2 × 10PAよりも大きくなければならない。シリンダ圧が低すぎると、混合物が完全に圧縮されず、燃焼不良をもたらす。そして、シリンダヘッドガスケット、弁、ピストンリングをチェックし、漏れの原因を分析して判断する。上記の手順が正常であった場合は、エンジン制御システムをチェックする必要があります。

エンジンの空燃比" A :F 」はコールドスタート、加速、 14.7:1の理論値であるか、または濃縮された混合物を、その他の労働条件を必要とする、高出力を必要とする、空燃比が理論レベルのままでなければならない。特定の範囲内の燃料噴射量補正、燃料噴射の閉ループ制御の形成中の酸素含有量によって排気ガス中の酸素センサのタイムリーな測定。一般的な燃料噴射量などのように、スロットルポジションセンサ(TPS) 、吸気管絶対圧センサ(MAP) 、エアフローメータ( MAF) 、水温センサ( ECT)として主要な役割を果たしているの様々な構成要素を確認する必要があります。加速度信号の変化TPS率が車の状態を反映し、またデトネーションを防止するために点火時期を低減しながら、次に豊富な混合物が、出力電力を増加させるために添加されるべきであり、可視、 MAPはキャブレター真空進角を果たしたとアイドル時の電力制御弁、 MAPの二つの部分の役割は、出力電圧は1V 〜 1.4Vの間であるべきで、 MAPは、自身の問題がある場合、燃料噴射量に決定的な役割を果たしている、またはその中のインテークマニホールドの後端部(例えば、吸気マニホールド接合パッドの損傷など)漏れのパイプは、夫ECM重大なエラー信号が供給されるエンジンの通常運転ではない、エンジン温度が低い場合、 ECFはまた、燃料噴射量を決定し、インジェクタが増加されるべきであるエンジン温度が正常であった場合に体積が、温度上昇に伴い、燃料噴射量が低減されるべきであり、 ECTセンサは、まだエンジンが正常に動作していない、 ECMに低信号を提供する混合気濃度が高すぎるようになります。

BMW故障診断



同じカテゴリー(obd2)の記事画像
Toyota G chip Decoder Cloner BoxとCN5 chip
どのように2015.03 Super ICOM ISTA-D/P言語を変える?
Lexia3 Citroen/Peugeot Diagnostic tool install instruction
MB SD C4に関することをご注意
MB-PRO IR コードリーダー
ベンツ診断機mb carsoft 7.4セットアップにはアクティブコードが必要しない
同じカテゴリー(obd2)の記事
 2M2タンクキーカッターを初めて使用する3つの手順 (2019-12-02 17:38)
 Yanhua Mini ACDPはBMW CAS4 IMMOと走行距離計を更新した (2019-11-16 12:20)
 Autek iKey820がInfiniti G37 2011に新しい鍵をプログラムした (2019-11-04 15:45)
 Tango V1.115 Toyota H Immoキー全紛失の解決案 (2019-10-18 15:39)
 Autel IM508&APB112シミュレーターを使用してトヨタスマートキーを生成する方法 (2019-10-09 17:37)
 Autel IM608でFord Fiesta PATS 2008にキーをプログラマー (2019-09-18 16:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
BMW自動車のエンジン故障の診断・BMW故障診断
    コメント(0)