2019年10月18日

Tango V1.115 Toyota H Immoキー全紛失の解決案

Tangoキープログラマーの新しいソフトウェアV1.115は、Barracuda Image Dumpに基づいてキーメーカーToyota H-immoキー全紛失を追加します。

tango-v1115

トヨタHイモビライザーキー紛失のソリューション

(ジェネレーション1 11910およびジェネレーション2 12xxx)

 

I.はじめに

このヘルプは、Tangoソフトウェアバージョン1.115およびBarracudaソフトウェアバージョン13に関連します。このシステムは、市場(EU /アジア/米国)に関係なく、現在知られているすべての世代(Gen1 MCU 11910、Gen2 MCU 12xxx)の128ビットH固定システムを搭載したトヨタ車のキー全紛失(AKL)状況を解決できます。イモビライザーを交換またはリセットする必要なく、LKP-04にマスターキーを作成します。プロセス中、車のデータは一切変更されません。

 

システム要求:

バラクーダプログラマー

Barracuda Adapter H Immo

バラクーダの活性化H Immo

タンゴキープログラマー

LKP-04トランスポンダー

トヨタメーカー

トヨタイメージジェネレーターH

 

Barracuda Adapter H Immo

tango-toyota-h-akl-1

II 操作手順

 

システムcは、以下に説明する2つの主要な段階に要約できます。

バラクーダでイモビライザーのデータを読む

Tangoを使用してマスターキーを作成する(トランスポンダーの書き込み)

 

イモビライザーのデータを読む

1.車両イモビライザーを外し、アダプターH Immoに接続します。

tango-toyota-h-akl-2

2.Barracudaを接続してソフトウェアを起動します。

3.ECU Maker-> H-Immoを選択します。 次に、「Immoデータの読み取り」を押します。

tango-toyota-h-akl-3

4.BarracudaはImmoに接続し、その部品番号が表示され、読み取りIDが完了するまで待ちます。

tango-toyota-h-akl-4

5.ダンプファイル(* .bin)を保存します。

tango-toyota-h-akl-5

ステップ4の後、イモビライザーに関する操作はこれ以上ないため、イモビライザーを車両に戻すことができます。

 

Tangoキープログラマーでトランスポンダーを書く

1.Tangoを接続してソフトウェアを起動します。

2.アジアを選択し、次にトヨタ->ユーティリティ-> H-Immoを選びます。

3.タンゴコイルにLKP-04トランスポンダーを配置します

4.ファイルを開くボタンを押します。

tango-toyota-h-akl-6

5.ステップ5の「Immo データを読む」で保存されたダンプファイルを選択します。

tango-toyota-h-akl-7

6.ダイアログウィンドウでLKP-04を選択し、OKを押します。

tango-toyota-h-akl-8

7.Tangoがトランスポンダーの書き込みを完了するまで待ちます

 

ステップ6の後、作成されたLKP-04トランスポンダーは車両のマスターキーになり、診断承認(例Techstream)として使用して、TRPWS21 Hキー(タンゴ生成またはオリジナル)を追加できます。  


Posted by carobd2 at 15:39Comments(0)obd2