2018年08月06日

CGDI Pro and CGDI MBを使用してBenz W639を追加する方法

この記事は、CGDI Pro 9S12CGDI MBを使用してベンツW639の新しいキーを追加する方法に関するガイドを示しています。

手順:

手順1:EISデータを読み込む

EIS番号を確認します。



EIS PCBチップ:



CG Pro 9S12ソフトウェアを実行します。

「盗難防止コンピュータ」、「ベンツ」、「EIS-639(HC08)」を選択します。



その後、ソフトウェアの配線図に従ってケーブルコネクタをEIS PCBに接続します。



EISへのCGDI Pro 9S12配線接続



EISデータを読むには「Read」をクリックしてください。



EISデータが正常に読み込まれた後、ラップトップに保存します。

 

ステップ2:新しいキーを追加する

CGDI MBソフトウェアを実行し、保存したEISデータをロードしてください。ソフトウェアにパスワードが表示されます。



次に、「EISデータを保存」をクリックし、デフォルトのファイル名を使用して保存してください。



「Generate EE」をクリックし、「Load EIS File」ボタンをクリックしてEISデータをロードします(このEISデータはCGDI MBソフトウェアによって保存され、CGDI Proソフトウェアでは保存されません)。



EISデータの読み込み後、データ情報をチェックします。



次に、「Generate Key File」をクリックして、待ってください...



その後、CGDI MBソフトウェアは「キーファイル生成に成功しました」というメッセージを表示し、データファイルを保存する必要があります。



「Read / Write Key」を選択します。



CGD MBスロットに追加したい新しい鍵を挿入してください。



「Read」をクリックすると、ソフトウェアはこの空のキー情報を表示します



「Open / Write」をクリックし、警告メッセージを確認してください:

スマートキーは41形式を選択し、共通キーとBEキーは51形式を選択してください。

元のキーを書き込む前、CGDI MBを使用してキーデータを消去する必要があります。そうしないと、プログラミングの進行が失敗します。



未使用のキーデータファイルを選択して開き、進行状況の書き込みを続行します。



書き込みに成功した後、車両にEISをインストールして、キーラーニングを実行します。



 

www.jobdii.jp  


Posted by carobd2 at 16:21Comments(0)obd2