2018年06月12日

CGDI BMWでBMW CAS3+キー/キー全紛失を追加する

ここには、CGDI prog BMWキープログラマーを使用してBMW CAS3 +キー(キー&キー全紛失)をプログラミングに関する工場ガイドがあります。

 

1.作業キーでキーを追加する



OBD診断ソケットを介して車両とCGDI BMWを接続します。

cgdiソフトウェアを開き、「BMW OBD KEY MATCH」を選択します。



「キー情報を読む」をクリックします。



点火からキーをポップアップし、データが正常に読み取られました。



データを保存します。



プログラムするキーを選択し、クリックしてディーラーキーを生成します。



作業キーをCGDI BMWプログラマーコイルに入れます。



ワーキングキーが読み込まれています。



ブランクキーをCG-DIプログラマーコイルに入れます。



私たちは通常のキーをプログラムすることを選択し、「いいえ」をクリックします。

注意:キーがスマートキーの場合は、ロックされます。



キーがプログラムされるまでお待ちください。



キーのプログラミングが成功でした。

学習後、正常に使用できます。

 

  1. CAS3 +キー全紛失を作成する


CG100 Prog IIIを使用してエンジンモデルを確認します。

エンジンコンピュータデータ(EEPROM)を読み取ります。

注:CG-100フル機能フル機能のバージョンのみ使用します。



「ECU」をクリックします。



現在の車両に入るにはエンジンモデルオプションをクリックしてください。



ソフトウェアの物理配線図によって配線します。



エンジンモジュール配線



「EEPROMを読む」をクリックします。



正常に読み込み、データを保存します。



SNとVINを表示します。



OBDソケットを介して車両とCGDI BMWを接続します。

「BMW OBD KEY MATCH」をクリックします。



「キー情報を読む」をクリックします。



点火からキーをポップアップし、データが正常に読み取られました。



データを保存します。



プログラムするキーを選択し、クリックしてディーラーキーを生成します。、



エンジンデータを選択し、次にエンジンデータをロードします。



読み込まれたエンジンコンピュータのデータを開きます。



ブランクキーをCG-DIプログラマーコイルに入れます。



プログラムするための通常の鍵を選択します。

注意:スマートキーは鍵をロックして鍵のロックを解除します。



キーのプログラミングが成功でした。

学習後、正常に使用できます。

 

www.jobdii.jp  
タグ :CGDI BMW


Posted by carobd2 at 11:11Comments(0)obd2