2018年03月16日

CGDI MBでベンツW221 Sクラス2012 216 EISタイプキーを追加する

ここでは、OBD2経由でCGDI Prog MBキープログラマーを使用してMercedes-Benz W221 Sクラス2012 216 EISタイプに追加するためのガイドがあります。

 

ステップ1:キーのパスワードを生成する

EIS関数を選択 - > EISデータを読み込みます。



コンピュータパスワード機能

「キー付きのキーをコピー」を選択し、データ収集をクリックします。

 

キーファイルを生成するには、次の手順に従います:

1.元の車のキーをEISに挿入します。

2.CGDI MBデバイスにキーを挿入し、コレクションを待ちます。

3.自動車キーをEISに10秒間挿入して取り外します。

4.新しい鍵をEISに挿入します。

5.キーを5秒間抜き取り、キーをEISに挿入します

6.キーをCGDI MBに挿入します。

7.生成されたファイルを保存します。



ファイルを成功に保存し、データを更新してパスワードを計算します。



データを正常にアップロードします。「Query Result」をクリックしてクエリを実行します。



CGDI Prog MBはパスワードを計算することが成功でした。

キーパスをコピーします。



ステップ2:キーを書く

EIS機能を選択して、EISデータを読み取ります。

対応する領域にキーのパスワードを貼り付けます。



EISデータを保存します。



「EE関数の生成」→「EISファイルのロード」を選択します。

保存された新しいEISファイルをアップロードします。

「Generate Key File」をクリックします。



キーファイルを保存します。



キーファイルが正常に生成されました。

キーの読み/書き機能を選択 - >オープン/ライト

スマートキーは41のフォーマットを選択し、共通のキーとBEキーは51のフォーマットを選択します。



これは共通キーで、未使用のキー位置6と51のバージョンを選択します。



CGDI MBを使ってW221 2012キーを書き込むのは成功でした。



http://www.jobdii.jp  


Posted by carobd2 at 12:36Comments(0)obd2