2017年12月28日

OBDSTAR X300 DPでVWゴルフ2011 UDSタイプ48チップキーの追加方法

ここではOBD経由でOBDSTAR X300 DP(キーマスターdp)を使用して、ID48チップ付きのVWゴルフ2011年UDSプロトコルのスマートリモートキーをプログラミングする方法について説明します。

必要なツール:

OBDSTAR X300 DPタブレット自動キープログラマ

OBDSTAR VW AUDI SKODA SEAT 4&5ジェネレーションイモビライザー用RFIDアダプター

プログラムされるID48チップ/ ID48キー

 

手順:

OBD診断ソケットを介して車両とキーマスターDPを接続します。

X300 DPをオンにし、車のイグニッションスイッチをオンにします。

Diag Program-> Immobilizer-> VW / Audi / Skoda / Seat / VW->Program Keyを選択してください。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-2obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-3 obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-4 obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-5

4世代Immoを選択します。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-6

Immoタイプを選択:NEC 24C64 ICM

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-8

ダッシュタイプを選択:VDO-12

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-8

ステップ1:EEPROMを読みます。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-9

eepromデータを保存します。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-10

ステップ2:Immoデータを読み込みます。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-11

OBDSTAR X300 DPタブレットが登録されたキーの情報を表示ます。

現在のスクリーンショットを記録します。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-12

ステップ3:通常のディーラーキーを作成します。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-13

RFID Immoアダプターを使用する必要があります。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-14

新しいID48キーまたはID48チップをRFIDアダプタに挿入します。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-15

ディーラーキーを成功に生成します。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-16

ステップ4:キーを追加します。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-17

生成されたディーラーキーをRFIDアダプターに入れます。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-18

キーを成功に追加します。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-19

Immobilizerメニューに戻り、「Read Immo Data」を選択して新しいキー情報を確認します。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-20

プログラムリモート - > 09-セントラルコントロールを選択します。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-21

新しいリモートキーをテストします。

obdstar-x300dp-vw-golf-48-key-22

成功でした。  
タグ :OBDSTAR X300 DP


Posted by carobd2 at 16:16Comments(0)obd2