スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年07月30日

BMW INPA K+CAN with FT232RL Chip

BMW INPA K+CANはBMW自動車対応のOBD2 USBインタフェースで、また1998 から 2008 までの全てのBMW車両モデルに診断できます。それは2 lines K and D-can magisterialで構成されます。

とりあえず機能一覧

エラーを読み取ると消去可能
適応
ドライバーのプログラミング
コーディング技術
そしてその他

対応プロトコルは下のように:

Fast magisterial D-CAN とPT-CAN (500 kbit/s)
Slow magisterial K-CAN (100 kbit/s)
標準のBMWプロトコル(BMW OBD interface)

BMW OBD interfaceのプロトコルは古い車種のためです。

1995から1998年まで(K-line必要ありません)
1998から03・2008まで(全てのモデル)

販売サイト: http://www.jobdii.jp/wholesale/bmw-inpa-k-can-sp59.html
もしBMW INPA K+CAN with FT232RL Chipにもっと了解したい方は上記のリンクをクリックしてくださいね。  


Posted by carobd2 at 18:19Comments(0)obd2