スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年07月29日

クルマの排気ガスは黒い煙または青い煙が出す故障

排気ガスが黒い煙が出す:障害を判断します。このような状況があったら本当の故障があると思います。(VCM IDS診断ツール
原因についての分析:混合物が厚すぎると、不完全燃焼であることを示している。自動車エンジンの過負荷、筒内圧力の欠如を主因に、エンジン温度が、 不適切に調整キャブレター、エアフィルターの目詰まり、および個々のシリンダーの点火が低すぎるがオンに遅いので、動作しません。必要に応じて、修理する 場合除外は速やかに、チョークが完全に開いているかチェックしてください。
失火口キャブレターメインノズルから見た後に、オイル噴射又はアウト点滴、その後フロート室のオイルレベルが高すぎる場合、指定された範囲に調整されるべきであるメインジェットを締めまたは交換;詰まっエアフィルターを洗浄し、クリアまたは交換する必要があります。
 
もし車両の排気管に青い煙が出たらこの自動車に故障がありますか。
このような状況があったら大丈夫でしょうか?本当に故障しましたか?故障した原因を究明します。
これは、シリンダ内に大規模な石油によるものですが、完全に焼かれていません。スパークプラグを外し、深刻なコークス現象を見つけることができま す。アブレーションは、必要に応じて、修理することがあるかどうかシリンダーヘッドガスケット、シリンダーとピストンのクリアランスが大きすぎる、、ピス トンリングが後方にインストールされている。摩耗や損傷がない吸気バルブガイドシールオイルレベルディップスティックが高すぎるチェックする必要がありま す。
もっと自動車故障診断機についての情報なら、http://www.jobdii.jp/までご覧ください!  


Posted by carobd2 at 16:57Comments(0)obd2