2015年03月25日

Scania 2.20がインスタント出来ないと、どうしよう~

みなさん、こんにちは。
最近はある人はこの悩みがありました。Scania VCI2 V2.20ソフトウェアhttp://www.jobdii.jp/wholesale/scania-vci-2-truck-diagnostic-tool.htmlをインスタントする際に、「The software in VCI is not the latest version. Click ok to install new vci software」という提示ができました。この場合になると、Scania VCI2 V2.20ソフトウェアがなかなかスムースにインスタント出来ないですよ。

JOBDIIのエンジニアさんはこの問題に対してもう手を打つことができ、心配しないでください。みなさんは「AuthorizerUI.dll」<locates on C: / Program Files (x86) / Scania / SDP3>が一つの新しいのを取り替えてくださいね。この点はポイントで、もしこのやり方でやれば、問題無し!

以上です。では、またね。  


Posted by carobd2 at 16:08Comments(0)

2015年03月25日

必要な知識―Autel Maxidiag Elite MD802 スキャナーでBMWE46エアバッグライトをリセット

原産のAutel Maxidiag Elite MD802http://www.jobdii.jp/wholesale/maxidiag-elite-md802-all-system-ds-model.htmlはデータ•ストリーム「DS」機能を追加したOBD2スキャナーですが、また四つシステム「エンジン、ミッション、ABS、エアバック」とフルシステムにDTCを読み取り、消去可能です。Autel Maxidiag Elite MD802は様々な用途があり、しかしAutel Maxidiag Elite MD802 スキャナーでBMWE46エアバッグライトをリセットすることが分かりますか?一緒にこの知識を把握しましょう。
車両症状:BMW E46ダッシュボードに赤いエアバッグ、SRSインジケータライトが点滅しています。
エアバッグの無効化のインデックス
OBD経由して、Autel Maxidiag Elite MD802 スキャナーを車両と接続してください。
設備の電源をつけてください。
マイン液晶に「Scan」を選んでください。
自分の車両に属する範囲をEuropean /Asia /USAを選択してください。

カーメーカーをBMWを選択して

車両モデルシリアルも3 series―E46を選んでいて

Elite MD802システムと車両との通信ができるまでを待ちます。Elite MD802は自動的に車両の情報例えば車両モデル、バーションなどを読み取れます。

ここでは二つの機能選択があり、「Auto scan」と「Control unit」です。この時、「Control unit」を選んで、また「Body」コントロールユニットを押しください。

次は「MRS Multiple Restrain System III/I」を選択し

それから、「Read Codes」を押して、そうすると、システムは故障コードとその原因を表示します。この場合、二つのエラコードがECUに保存することが分かります。

「Erase Codes」を選んで、システムが「DTCs and Freeze data will be lost」というメッセージを提示するとき、「Yes」をクリックしてください。ダッシュボードのSRSインジケータをチェックして、もしエアバッグライトが作動しないと、故障コードの読み取り、消去動作をもう一度やってください。最後にAutel MD802スキャンツールを車両から外してください。
  


Posted by carobd2 at 16:00Comments(0)

2015年03月25日

必要な知識―Autel Maxidiag Elite MD802 スキャナーでBMWE46エアバッグライトをリセット

原産のAutel Maxidiag Elite MD802http://www.jobdii.jp/wholesale/maxidiag-elite-md802-all-system-ds-model.htmlはデータ•ストリーム「DS」機能を追加したOBD2スキャナーですが、また四つシステム「エンジン、ミッション、ABS、エアバック」とフルシステムにDTCを読み取り、消去可能です。Autel Maxidiag Elite MD802は様々な用途があり、しかしAutel Maxidiag Elite MD802 スキャナーでBMWE46エアバッグライトをリセットすることが分かりますか?一緒にこの知識を把握しましょう。
車両症状:BMW E46ダッシュボードに赤いエアバッグ、SRSインジケータライトが点滅しています。
エアバッグの無効化のインデックス
OBD経由して、Autel Maxidiag Elite MD802 スキャナーを車両と接続してください。
設備の電源をつけてください。
マイン液晶に「Scan」を選んでください。
自分の車両に属する範囲をEuropean /Asia /USAを選択してください。

カーメーカーをBMWを選択して

車両モデルシリアルも3 series―E46を選んでいて

Elite MD802システムと車両との通信ができるまでを待ちます。Elite MD802は自動的に車両の情報例えば車両モデル、バーションなどを読み取れます。

ここでは二つの機能選択があり、「Auto scan」と「Control unit」です。この時、「Control unit」を選んで、また「Body」コントロールユニットを押しください。

次は「MRS Multiple Restrain System III/I」を選択し

それから、「Read Codes」を押して、そうすると、システムは故障コードとその原因を表示します。この場合、二つのエラコードがECUに保存することが分かります。

「Erase Codes」を選んで、システムが「DTCs and Freeze data will be lost」というメッセージを提示するとき、「Yes」をクリックしてください。ダッシュボードのSRSインジケータをチェックして、もしエアバッグライトが作動しないと、故障コードの読み取り、消去動作をもう一度やってください。最後にAutel MD802スキャンツールを車両から外してください。  
タグ :Elite MD802


Posted by carobd2 at 15:54Comments(0)

2015年03月25日

スーパーOBD SKP900 オートキープログランマV3.2のプロモーション

みなさん、こんにちは。Jobdii【http://www.jobdii.jp/】のリカです。
今日はリカがスーパーOBD SKP900 オートキープログランマV3.2のプロモーションをみなさんに紹介したいんです。
二月にスーパーOBD SKP900 オートキープログランマはもうソフトウェアバーションV3.2にアップデートしましたよ。
まずスーパーOBD SKP900 オートキープログランマの特徴を見てみましょう。
☆彡 すべてのスマートキーを使用新しいモデルがサポートされます。
☆彡 キーが紛失する場合もサポート可能です。
☆彡 OBD2でピンコードを読み取り可能です。
☆彡 世界一のキープログランマです。
〇 言語:英語

スーパーOBD SKP900 オートキープログランマが携帯式のOBD2キープログラマーです。SKP-900は世界中のほとんど全ての車両が対応できます。たとえフォード、ランドローバー、クライスラー、ジープ、トヨタ、日産、ホンダ、三菱、ヒュンダイ、キアなど。
superobd.com で登録、dealer code: 1001 です。
skp-900は50tokensを付属しております、tokenつくしなら、skp-900の公式サイトで無料追加可能です。公式サイトで登録なら、token追加のメニューが見えます。
ソフトウェアアップデート無料で、「スーパーOBD SKP900 オートキープログランマ」http://www.jobdii.jp/wholesale/superobd-skp-900-hand-held-obd2-auto-key-programmer.htmlをクリックして、ソフトウェアアップデートがすぐできますよ。またオートキープログランマのやり方のビデオを提供されております、みなさん、オートキープログランマまでようこそ!!
はい、これ以上です。何か質問があったら、気をせずに言ってください。  


Posted by carobd2 at 15:15Comments(0)