2014年12月30日

Nissan Consult 3日産車のプロフェッショナルな診断機

Nissan Consult 3 は日産車両専門の故障診断機です。日本の日産だけではなく、北アメリカなど各地方からの日産車(ほとんどすべての日産モジュール)を含めています。Nissan Consult 3はシステム全体の同時的な自己診断とデータレコーダと機能が含まれています。
特点:

対応言語:日本語、英語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、ギリシャ語、イタリア語、スペイン語、中国語
追加機能:現在、日産コンサルト3はGTRが対応できます、でも、GTRカードは必要です。
OS要求:Windows XP (SP2) or Windows XP (SP3).
Nissan Consult 3 機能

❀ 自動化された操作を通じて、迅速な診断と迅速な修理CAN タイプの選択と故障位置の識別が自動的で、前の方法より早く17時間でCAN 診断する。診断システムは、サービスマニュアルによって補われる必要がある。車載コンピューターのリプログラミングを含む修理は新しいシステムで1.5〜2.5倍より速く完了することができる。

❀ 自動化自己診断機

システムは、無線技術に基づく操作の販売会社に効率で技術スタッフの診断技術に頼らないで正確な診断を実行することができます。
システムは、ディーラーでの技術スタッフの診断スキルに頼ることなく、正確な診断を実行することができる。無線技術に基づく業務の効率化を増加する。
ワイヤレス車両通信インターフェースで、車両の内側または外側のどちらかから車両の状態を確認することが可能。日本のディーラーショップで日産ネットワークをアクセスして、診断結果とサービスマニュアル上で正確な情報を獲得可能。ディーラーショップはサービスデータベースをアクセスして、ラップトップPC上の車修理の歴史を見ることができる。

❀ 複数の複雑な欠陥を処理する能力

この診断ツールは同時的にすべてのシステムの自己診断を含めるいろんな機能を備えています。

❀ 改良されたラップトップPCで高度なデータ管理

このようなカラー画面の採用と大画面モニターなどの新機能は、拡張されたデータの管理のために完全に大量の情報の閲覧を許可します。

❀ ハードディスクナビゲーションシステム用のマップデータの更新機能高速データ更新システムを通じて、全く新しいスカイラインおよび他の将来の製品に搭載した新型カーウイングスナビゲーションシステム(ハードディスク)で約20分で地図データを更新することが可能です。

(1)CONSULT:コンピュータ化されたオンボードのシステムユニバーサルテスター。1989年に導入されたCONSULTに、CONSULT-IIは、1999年に導入。CONSULT-IIIは第3世代モデルです。
(2)通信距離:5メートル程度の半径。


より多くの日産自動車診断機に関する知識がblog.jobdi.jpiに提供しております。

  


Posted by carobd2 at 18:30Comments(0)obd2