2014年10月22日

ELM327シリーズのコードスキャナーの紹介

この間、ELM327シリーズのコードスキャナーがよく売れていますね!
ELM327製品がwifi機能を持ってるのがあれば、bluetooth機能をもっているのもあります。もちろん、一部のがUSBを経由して動作します。
今日はね、私はJOBD2にてのELM327のTOP3をご紹介いたします。

TOP1. iPhone ipad iPod用のWifi ELM327

このELM327がwifiでiPhoneやipadやiPodのいずれも無線連続と次の自動車パラメーターがゲットできます:車両速度、燃料消費量、エンジン冷却臨時温度、燃料圧力、計算されたエンジン・ロード、スロットル位置、吸い込みマニホルド圧力、航空摂取臨時職員、点火進角、多量気流、燃料の液面の高さ、気圧、EVAPシステム蒸気圧、燃料整備など。。。

TOP2. ELM Bluetooth obd

主な機能がダイアグノスティックトラブルコード(DTC)の呼び出しなどが可能です。
DTCコードを読み出したり、消去したりできます。エンジン警告灯(MIL) が点灯や点滅をした場合の消去(不具合発生中の点灯、点滅の場合は不具合の修理後)。ライブデータのスキャン、ジェネリックとマニュファクチャー。

TOP3. ELM327 WIFI OBD2

JOBDIIの人気診断コードリーダーよりのELM327です。Wi-Fiバージョンでスウィッチ搭載して、iPhone OBD-II OBD Canも対応できます。
  


Posted by carobd2 at 17:21Comments(0)obd2