2014年03月19日

自動車診断は何のことを教えてくれますか?

Jobdii.jpによって、OBD II診断トラブルコードは、 P0100からP1899の範囲とすることができる。コード内の各文字と数字は、車両の別の部分を表しています。最初の文字は、多くの場合、パワートレインに関連する「P 」である。もしそうであれば、「 B」、それは身体に関係するでしょう、 「C」は、シャーシに関連し、 「U」は定義されていません。

番目のプレースホルダ内の数字のゼロは、すべてのメーカーが共有する汎用的なコードですが、数字の1が表示される場合がありますので、いくつかのメーカーは、ここで特定のコードを使用しています。第三のプレースホルダは、問題の領域を決定する。 1は、燃料や空気の問題があることを意味し、 2は、噴射器回路に異常があることを意味し、 3は、点火に問題があるか、エンジンが失火さがあることを意味し、 4は、発光制御に問題があることを意味し、 5は、車両があることを意味しまたはアイドル速度制御問題、6はコンピュータ又は出力回路に問題があることを意味し、7または8の伝送に問題があることを意味する。コンピュータ診断チェック報告書の4番目と5番目の数字は、さらに故障しているシステムを識別、ここに表示される数字は、車両のメーカーによって異なりますので、テストを実行している整備士は、販売店にお問い合わせいただくか、上のいくつかの研究を行う必要があるかもしれないものの残りの部分コードは意味します。

自動車診断ツールに興味があったら、是非、http://www.jobdii.jp/までご覧下さい!  


Posted by carobd2 at 20:54Comments(0)obd2