2014年03月07日

obd2診断機があれば、クルマの修理は容易になる

運転するときエンジンの温度が突然高すぎています。故障したでしょうか?そうです.このような故障は真の故障だと判断します。

故障した原因の分析について:車両が運転中に、冷却水温度計はすぐに100に達することを示す場合、又はコールドクランク、エンジン冷却水の温度が冷却後に通常に補足で沸騰するまで急激に上昇するが、エンジン出力率は明らかに減少した、エンジン機械システムの故障を示す。このような障害の主要な原因は、主に以下のとおりです。冷却深刻漏れ、孤立ウォータージャケットとシリンダヘッドガスケットが洗い流され、サーモスタット主弁オフ、ファンベルトの緩みまたは壊れ、ポンプ軸とインペラ緩い、ファンクラッチ悪いなどと思います。

時々、ただ目で判断するのは難しくで、確認するためにobd2診断機などを使えば安心していますよね。

BMW ICOM A+B+Cのような診断ツール、機能完善で、クルマの各システムを簡単に診断することができて、効率的にクルマの修理を行います。
  


Posted by carobd2 at 15:19Comments(0)obd2