2013年12月21日

日産ティアナセダンは断続的にフレームアウトする

2008日産ティアナ250XVカーの約50,000キロの走行距離。ユーザーはレポート:車はその後、スピードメーター、タコメーター、燃料計の故障をオフにし、重い現象を回し、動きのある弱さを加速している。 1H車の駐車後に正常に戻ったが、障害が繰り返し発生する。

車を受信した後:日産コンサルト3を使ってエンジン診断システムを自己診断して、CAN通信ラインの故障を意味する故障コードU1001がある。チェックを開始するために、機器とすべてのライトとして機能していないので、ダッシュで始まります。第四のヒューズ(ヒューズメートル)を確認した後、破損していない。イグニッションスイッチをオンにし、電圧ヒューズ0Vを測定します。関連した回路図へのアクセス、その本体制御部(BCM)を制御することにより第4ヒューズイグニッションリレー、イグニッションリレーの前端です。
 
イグニッションリレー制御端子を測定すること、ヒューズボックス6Cの端子は、電圧が0Vである。 12Vの電圧は、それがBCMまたは接続に断層線と思われるときにBCM端子82と端子が正常に接続されている。行、何の問題を確認してください。 BCMを交換してから、診断「書き込み設定」機能の完全なBCMの初期化(NATS)プログラムを実行します。テスト、故障を完全に排除します。

車両の電力制御は、BCM制御によってではなく、エンジン制御モジュールによってイグニッションリレーかなり特殊である。イグニッション、エンジン、ダッシュボード、およびその他のシステムオフのリレーは失敗しますので、症状ではなく、特別な。回路図に従って行を見つけ、他のシステムに付随すると考え部品の最も明白な症状、ポイントのオーバーホールを開始し、すぐに障害の発生したコンポーネントを見つけることができ、トラブルを排除します。

自動車診断ツールに関する情報:http://www.jobdii.jp/  


Posted by carobd2 at 10:46Comments(0)obd2