2013年09月09日

愛車のために止めるときいい場所を選んでいるのは大切だ

秋になりましたが相変わらず熱いです.熱いの天気で車を運転する後いい駐車場は自動車の保護にも重要です。
長く自分の愛車を乗り続けるためには普段の駐停車に気を使うのも大切ですし、日陰に車を駐停車することで車の節約にもなります。
ここでは日陰に車を止めることの利点と、ちょっとした日陰の利用方法、夏場に車に乗り込む際の節約方法を紹介していきたいと思います。(Obd2診断機)
車の駐車に一番といえば、屋根付き駐車場です。
ガレージ
なぜそんなに屋根付き駐車場がいいのか、ガレージタイプの駐車場であれば直射日光(紫外線)に車がさらされることがないので、「ワックス」「タイヤ」「ワイパーゴム」などの消耗部品が劣化による交換回数が減り長持ちします。
 ・屋根付き
屋根だけの駐車場であっても紫外線が一番強い時間帯(10~14時)の紫外線から車を守ることができ、ガレージタイプの駐車場とまではいきませんが消耗部品を長持ちさせることができます。
・車の塗装(色あせ)を防ぐ
屋外を走る以上塗装の劣化は防げませんが、屋根付き駐車場で紫外線やゴミから車を守ることで塗装が長く色あせない状態が続きます。
・砂埃や鉄粉から車を守る
ゴミといっても埃や黄砂だけではありません。
走行中に付いてしまうのですが「鉄粉」です。
埃や黄砂、鉄粉が車に付いた状態での洗車は塗装を傷つけることになりかねませんし、長時間かけたワックスの効果が長続きしません。
・内装品の日焼けを防ぐ
内装部品の色あせ(日焼け)も紫外線によるものです。
とはいえ簡単に屋根付き駐車場を購入、借りることは難しいため、ちょっとしたアイディアで改善していかなくてはなりません。(Obd2コードスキャナ
  


Posted by carobd2 at 18:14Comments(0)obd2