2013年09月26日

自分自身で車には小さい傷を修復する方法

もし車には小さい傷があったらバンパーなどを軽くぶつけて(削って)しまった時にできる「黒い線」などがあり、ご自分自身でこれを修復する方法を紹介させていただきます。
ご自身で「修理」、「修復」したければ以下の方法で目立たなくできます。
・ 作業手順(obd2
1、カッターなどで慎重にめくれた部分を切り落とします。
(バンパーなどの樹脂)
2、「400番」ぐらいの耐水紙ヤスリでキズの中を磨いていきます。
3、同様に、キズと塗装との分かれ目のバリを、耐水紙ヤスリで傷口を広げないように磨いていきます。
4、傷口を脱脂します。
5、不安な方はマスキングテープを傷口の周りに張っていきます。(Nissan Pin Code Caculator)
6、車と同色カラーのタッチアップペイントをキズの中に盛るような感じで、2度塗り3度塗りと繰り返し盛っていきます行きます。
7、1、2週間後、盛り上がっている塗料を削り落します。
8、傷口の周りにマスキングテープを張っていきます。
9、1000番付近の耐水紙ヤスリを平に削れるように当て木をします。
10、マスキングテープの厚みを活かし、マスキングテープの上を滑らせるようキズの方向に塗料を削っていきます。
11、塗料が削れなくなったら、塗装との限界距離(マスキングテープの厚み)まで削れているのでマスキングテープを剥がします。
12、薄めの液体ワックスを布に付け、残りの塗料を磨いたら終了です。
自動車故障診断機に関する情報はhttp://www.jobdii.jp/wholesale/car-diagnostic-tools/  


Posted by carobd2 at 19:20Comments(0)